Eduard 1/48 BF109G-10 #3

サブタイプの多い109の常として、エデュのキットもあらゆる所がコンパチになっています。余剰パーツ多すぎ〜
gk10.jpg
過度のドーピングで高出力を絞り出すDB605Dを積むG-10はそのため機首部が大幅に変更されています。大型化されたオイルクーラーも別体パーツで、ここにもエッチングパーツが用意されています。チラリズム心をくすぐりますね。

gk11.jpg
萌えますね〜チラッとのぞくメッシュが。同じく大径化された吸気口、高さを増したシリンダヘッドをクリアする為の丸い張り出しなどのゴテゴテが機体バランスの危うさを感じさせてくれます。フォッケのD型といい、末期ドイツの機体のこういう荒っぽい造形がとても好きです。

gk12.jpg
垂直尾翼も大型化されています。エンジンを鬼パワーアップしていった機体は大体こうなのですが、それでもメッサーはまだ足りないような気がしますね。別体パーツになってるおかげで左右比対称の翼断面の様子がちゃんと理解出来ました。

gk13.jpg
大型過給器のおかげで全体に膨らんだ機首上面、G-6で特徴的だったボイレの元であるMG131の給弾ガイド共々飲み込んでしまったためウインドシールド付近までかなり横幅が増えています。凸部は滑らかな曲面で処理されているので空力的にはG-6よりも良さそうですね。

gk14.jpg
これぞエデュ!と言わしめるエッチング計器盤、メッサーのは3層も重ねる気合いの入った仕様です。計器レンズ部分のクリアまで施されていて、コレ失敗したら泣くよな〜!でもエデュも3機目だし、前よりも上手くやれるはず…で息が止まりそうになりながら気張って位置合わせしました。あーしんど…でもおかげでカッコいい操縦席ができました〜

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Eduard 1/48 BF109G-10 #2

倒立V型エンジンなので余計幅が狭いのでしょうか?
gk05.jpg
窮屈で有名な?なメッサーのコクピット、右側はエッチングでお手軽にデコれます。

gk06.jpg
スロットルくらい別体パーツで…と思うけどこのスケールだとモールドが無難ですね。操作輪のチェーン?が旧式でいい味出てます。

gk07.jpg
尾輪は後付けしたいのでエポパテで土台をこさえました。

gk08.jpg
排気煙を下に逃がすカバー?も極薄のエッチングで用意されています。ここと排気管(削孔済み!)は本キットの売りなので丁寧に仕上げたいな〜

gk09.jpg
左右胴体を接着しました。コクピットの幅が結構あって接合部に隙間が出るのがやっぱり海外製?工程上エンジン上部カバーは塗装後にセットしたいのでこの状態でガチッと固定します。それにしても109、すごく小さい飛行機なんですね!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

あけましておめでとうございます!

イノシシ戦法〜

昨年はたくさんのご訪問をいただきまして本当にありがとうございましたm(_ _)m 毎年もっと記事を上げるぞーと思いつつ色々やりすぎて疲労困憊、端折ったようなネタばっかり曝してしまって申し訳なく思っています。しょうもないモノ意欲だけはまだ枯渇していないようなのでたま〜にでものぞいて頂けると嬉しいです。取りあえずはG−10、雪が降ったらバイク、おにゃのこもイッパイ描きたいよぅ!

テーマ : 自作イラスト
ジャンル : アニメ・コミック

Eduard 1/48 BF109G-10#1

ドイツ流「軽戦闘機」は時速700km/h!
g10u3.jpg
さて、ちょっと多忙で間が空いてしまいましたがプラモ製作再開しました〜今回は「今ならカッコ良く完成させられそう?」チャレンジ第2弾、メッサーシュミットBF109です。ドイツ機といえばあのメロメロ迷彩(モットリング)や微妙な色調のRLMカラーで初心者お断り!なイメージなのですが(自分だけ?)今は缶スプレーもパステル素材も豊富にあるので、荒々しいドライブラシのケバケバ娘にならなくて済みそう。巨乳は好きだけどメッサーはスリムな方が色っぽいと思うので、ちょうど発売された新キットのG-10を買ってきましたよ。

gk01.jpg
マニュアルにそってコクピットから始めます。相変わらずのポッチ穴が小さいとかですんなりつかないパーツもあるけど、概ね合いは良好です。奥にある水平尾翼トリム調整輪のとこ、早速エッチングが見えてますね〜エデュ得意のディティールアップですが小さ過ぎ!この極小パーツ攻勢はこの後も延々と続きます。

gk02.jpg
一旦下地にシルバーを塗った後お手製ブラックグレイを結構シャバシャバにして塗りました。黒々となりがちなドイツ機コクピットなので明るいムラをわざと出して見栄え重視です。おお、ここにもエッチングを貼るのですね!あまり違和感の無い機内色でよかった。

gk04.jpg
出ましたドイツ機指定フットペダル〜曲げで折れたりして挫折しそうでしたが何とかカタチに、踵の足のせ?はプラペーパーでこさえました。留め具もついてて実感ありますねぇ。黄色いパイプは増加タンク用燃料パイプで、途中に確認用のガラス管がついているのですがコレを再現したいが為にクリアーパーツで用意されています。おかげで整形時にポキポキ折ってしまって(透明プラは粘りが無いので)結局伸ばしランナーで作り直すはめに…はあ、不器用はつらい。

gk03.jpg
仮組してみるとあちこちパーツが機体内壁と干渉する模様、端折ったり短くしたりで調整しました。こういうアバウトな所は海外製キットを感じますね〜シートベルトはF6Fでもやったし、パーツが大きいので無難にセットできました。いつもながら小汚い感じですが、汗と油臭い?男の仕事場感が出て…るかな?

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

タミヤ1/35 新砲塔チハ #5(完成〜)

この海のむこうに…
tihak19.jpg
九七式中戦車改 戦車第8連隊 昭和19年12月 ニューアイルランド島

tihak03.jpg
久々のタンク、新砲塔チハ完成しました〜

tihak05.jpg
迷彩色は諸説あるようですが断定する資料も持ち合わせてないので箱絵をベースに、自分的イケてる!調色で塗り分けました。

tihak09.jpg
今回初めて履帯の弛み表現をやってみました。ベルト式でも何とかなるものですね〜

tihak11.jpg
メリハリあるモールド、リベット表現は流石神キット、リアルよりカコイイ方が良いですもの。

tihak04.jpg
砲塔幅はやっぱチョッと狭いかな〜

tihak02.jpg
錆+水垢+砂塵+排気煙+泥にまみれたリアビュウ、ヤッパリ汚すの最高に楽しくてたまらんです。

tihak16.jpg
砲塔の追加モールド、真鍮パイプに換えた機銃口、前照灯にはレンズを追加しています。

tihak14.jpg
タイコ(マフラー)はもっとも内燃機関らしさを出せる所なので色々試してみました。開口部再現の気休め程度の精度が限界を感じますがマアいっか。

tihak15.jpg
車載ジャッキは一体の取り付けステーを切除してプレート状に、後方機銃にも真鍮パイプで開口部を表現しています。

tihak17.jpg
目標10時方向、徹甲弾!

tihak18.jpg
オイルクーラー結構塗り分けたのですが全然見えませんね(笑

久々の戦車という事で選んだタミヤのチハ車ですが、とても40年前の発売とは思えない良キットでした。タミヤの製品は組むのが簡単な分追加工作や塗装に気力を残しておけるのでモチベが継続しますね〜とはいえそろそろ大戦機、しかもコテコテなのを組みたくなってきました「今ならもっと上手く」シリーズ?再びですかね!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。