スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ1/72 F/A-18E #7(完成♪)

Viorent stinger!
rno31.jpg

2013年初ロールアウト、スパホ完成しました〜
rno32.jpg
F/A-18E NH202 VFA-14"Tophatters" 2009 USS NIMITZ

rno33.jpg
Twobobs製デカールのおかげで渋カコいいライノが出来ました♪これが造りたかったんだよなっ

rno34.jpg
脚まわりのメカメカしさはこのキットの売りですね。筆でペタペタのタッチアップ痕がスケール感をごまかしてくれてます。しかしペイブウェイ、煤けすぎ〜

rno35.jpg
しましまフックがチャーミングです。史上最強最多?の脚カバーがゴチャ感あって素敵かも。こんなにフタ作ったのは初めてですよほんと。

rno36.jpg
穴が開いてただけの20ミリ砲口は一度埋めたあとそれらしく整形しました。キャノピー後部もいい感じに仕上げられたかな。

rno37.jpg
インテーク開口はこんなもんでしょう。中のエンジンがF3-IHI-30なのは秘密だよっ

rno38.jpg
メタリックなパーツはあえてテカテカ仕上げ。何でも同じトーンだと今イチ模型映えしないんですよね〜特に小スケールだと。スーパーアイアンは混色してもツヤツヤ金属感が損なわれないので萌える焼鉄色が作れますぅ

rno39.jpg
ハデなウエザリングは裏面にのみ施しました(飾ると見えなくなるけどね)パイロン満載はお約束ですよね〜。昔みたいに離陸重量超過した装備はしませんが(基地祭仕様♪)

rno40.jpg
ちなみにプラモ、自然光で撮ると不思議と実物っぽい色調に写るんです。調色とか塗装とか屋外でした方が良いのかも<無理〜

さて、4ヶ月程かかってしまいましたが無事完成しました。組む前に考えていた改修箇所を挫折することなく盛り込めたのが嬉しいですね。実物がある機体を作るのは縛りも多いけど、ツボにハマったときの存在感は現用機ならではの愉しみ、また作りたいと思ってます〜
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/72 F/A-18E #6

gearsnv.jpg
デッドウエイトというなかれ、その剛脚こそ世界を覇する者の証だ!

rno22.jpg
スパホのキャノピーはリンクロッドで開閉する仕様。キットにもそのパーツがついていますが「キャノピーを閉じる場合は取り付けません」って…クローズ状態にセットしたい私としては納得いかーん!という事で付属のパーツ切った貼った+洋白線でそれらしくでっち上げました。キャノピー基部は位置合わせが煩わしいので本体に固定、ついでにプラバンでちょっとデティール追加してみました。変なの?まあキャノピー越しなので…

rno23.jpg
おっ、色を塗ったらなかなかイケてるかも。先にスーパーアイアンを塗ってからエナメルブラックでエッジ剥がれを施しました。ロッド部の金属感が何ともそれらしいですよね?よね?シートにはいつもお決まりのマスキングテープ製シートベルト。1/72だと幅1ミリ以下になっちゃうので失敗しまくりです。へへ

rno24.jpg
ブッといギアは艦載機ならではの特徴ですね。とくに米海軍機のカタパルト対応した頑強な前脚は力強くて好きです。アスリートの足って感じでしょうか?そんな彼女にキラキラの瞳を…着陸灯部分を円錐状に削孔して、ミラーフィニッシュ+Hアイズで輝かせてみました☆ん〜つぶらだなぁ。

rno25.jpg
やっと着艦できました(フックはまだだけど)折れ曲がり式のメインギアはT-2/F-1を彷彿とさせて胸熱ですっ。地に脚がついて、ようやく完成が見えて来たけどまだ翼下にドロップタンク×3、GBU-12×4、AIM-9X×2、AN/AAS-38×1と仕上げるパーツがてんこ盛りです…え?スパホって脚カバー10枚もあるの!?(沈

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/72 F/A-18E #5

fd2.jpg
F-2A/Bとかもろ"グラマン"カラーですからね〜♪ぜひ空母に搭載して欲しいですぅ。

rno18.jpg
今回は社外デカール、TWOBOBS社製のFighting Fourteenth、VFA-14"Tophatters"を用意しました♪キットにも同部隊のデカールは付属していますがこれがCAG機なのですよね。まあ商品としては妥当なチョイスだとは思いますが…最近の文字の判別が難しいくらいに近似したモノトーンに塗られたスパホに萌えてる私としてはやっぱコレしかないということでっ!しかしこの記念塗装機、ハデですね〜

rno19.jpg
デカール自体はマイクロスケール製なのでフィルムも薄くてよく馴染みます。ノリが少なめなのでセッターでよく密着させるのがよいかと。専用品でなくてもクレオスのもので充分です。いや〜コントラストないなぁ〜国籍マークとかWW2じゃありえませんよね。渋カコイイですぅ〜って機首の編隊灯上下逆やん(予備予備と

rno20.jpg
機体のウエザリングはこの程度で。でも何でここだけこういう汚れかたするんでしょう?カタパルトの蒸気かな?やりすぎないよう控えめに控えめに…ああ、もっと全体煤けさせたいですっ。

rno21.jpg
…なのでコーションデカールのまわりを明るめに塗ってリペイント時の塗り残し的な雰囲気を…単純のっぺりな機体上面もこれで少しは間が持つかな?仕上げのフラットクリアは塗色が白っぽい色調に変わるのだけど、今回はテスト吹きを繰り返してカラーを選んだので良さげな明度になりました。おかげでボツになった缶スプレーが累々と…現用ロシア機にでも使いましょうか?

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/72 F/A-18E #4

hantn.jpg
しかも深夜にやってるから寒力アップ!いや、この低い温度が塗料の発色を良くするのですよ(染

待ちに待った塗装に突入〜って何かサフみたいだなぁ(使わない派ですが)
rno14.jpg
上面色はタミヤAS-32、ブルーグレーっぽくなるかと思ったけど何だか黄色い感じですね。あ、今回は境界が面倒なので濃い色から先に塗ってたりして…100円ショップの練り消し(香り付き)指で捏ねてると柔らかくなるけど寒い部屋で放置すると適度に固まって作業しやすいです。

rno15.jpg
適当にマスカーでカバー。あまりべったり貼付けると塗料がついてきそうなのでちょんちょんとマウントさせます。下面色はAS-2、懐かしの旧?明灰白色でいってみます。

rno16.jpg
なかなかに良さげな塗りわけラインではないかと(喜 でも何だか全体的に黄色っぽい。スパホの写真とか見てると結構RLM65ばりの色調に見えるものもあるのでう〜ん、どうしようかな…

rno17.jpg
試しにウォッシングをクリヤーブルーでやってみました。うほ、ちょっと面白いかもしれません。フラットクリア吹いたあとでどんな風合いになるのか楽しみです。半光沢クリアで保護した後にグレーでスミ入れ(目立たんな〜)再度クリアコート、カチカチに乾いたらいよいよデカール貼りです♪

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/72 F/A-18E #3(あけおめ)

あけましておめでとうございます!
aim9x4.jpg
AIM-9Xともども蛇つながりという事で…って今年もこげなネタばかりですがどうぞよろしくお願いします〜♪

rno11.jpg
シャープでなめらかになったかな?プラの表面をひたすらゴシゴシ磨いてようやく形状出し終了〜。翼端のねじり下げも忘れずにやっときましたっ。

rno12.jpg
スジ彫りは神経使う苦手な作業です。特にジェット機は形状が複雑で…しかも随所にあるリベットモールドの再生がだるいです。もう無視しちゃいましょうか?

rno13.jpg
フラップの作動リンクやパイロンの無骨な形状はいかにもアタッカーですね!st.1・11にAIM-9X 2・3・9・10にGBU-12 4・6・8にドロップタンクのオンコールCAS装備にて発艦予定です〜

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。