ハセガワ1/48 疾風 #10(祝完成)

sora10bgt.jpg

ようやく完成しました!
k01.jpg
キ84「疾風」一型甲 飛行第11戦隊 昭和19年秋 宜蘭

k02.jpg
鹵獲時の写真より3ヶ月ほど前、台湾沖航空戦前後の血気あふれる姿をイメージして塗りました。

k03.jpg
写真で見るとぺラの裏にも警戒帯らしきものが…緑色で見えにくいのでしょうか?

k04.jpg
F6FやP47とは比較にならないほどスリムです。ハ45の運転制限がなければF8Fくらいの性能は出せた設計だと思います。

k05.jpg
ん〜脚カバーの厚みが気になるなぁ。次回は端部だけでもうすうす攻撃しよう。

k06.jpg
チラリストも唸るエンジンの造形、単にパーツ数が多けりゃいいってものではないですね!

k07.jpg
機内色>シルバー>黄緑7号色の3回塗りで面倒だったキャノピーですが、その甲斐はあったかな〜

K08.jpg
ううっ乗りたくなる…脚出し指示棒はよくわからない写真が多かったけど、米軍テスト機の中に確認できる物があったので設置しました。

k09.jpg
やっぱりフラップ出てない方が凛々しいな。

k10.jpg
裏面も殆ど汚れ無しです。筆塗りは勝手に適度な塗りムラが出来るので敗戦国の(悲 機体にはよい手法だと思います。

評判どおりの作って弄って楽しい良キットでした。何より組みやすいし(パーツ精度高いです)手をかければそれだけ応えてくれる素地のよさもあって誰にでもお気に入りの四式戦を仕上げて頂けると思います。列強に引けを取らない第一級の飛行機を自国で開発、生産していたという当時の人々の情熱の証として、この機体が永く人々の記憶の中に生き続けてくれる事を願って…

おまけ
kosmo.jpg
日本の田園風景が似合いますね〜

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/48 疾風 #09

sora9plt.jpg

面倒楽しい小物パーツ製作中〜
h38.jpg
細かい装備品の出来が何気に良いこのキット、落下タンク懸吊部も振れ止めまで再現されてます。パイロンフェチとしてはこんな素敵なパーツ使わない手はないですよね。時期的にもおそらく装備していたでしょうし。

h39.jpg
翼下の燃料冷却器、整形してますがこれ3つのパーツに分かれてるのですよ!接着も大変ならサンディングも大変、1/48でここまで分割するか?はまだ続きます。

h43.jpg
ヘッドレスト、これはなんと4分割〜たかだか1cm弱の部品なのに!でもシャープなモールドでとても塗装映えします♪暗緑色で調整したつもりですが殆ど黒ですね。

h40.jpg
ぺラも塗装剥げ前提で下地シルバーです。ジュラルミンは黒光りしてるそうですのでスーパーアイアンで塗ってみました。これはこれでいい感じだなぁ。戦後の旅客機みたいです。

h41.jpg
ラチエのぺラはさわやか若草色…といってもあまり鮮やかなのもらしくないのでXF65+XF53で薄めに筆塗りしました。端部を溶剤やスポンジヤスリで剥がして地味にヤレた感じに、中央部は半光沢、ブレード端部はつや消しのトップコートで仕上げましたがあまりわかりませんね。

h42.jpg
照準機は有名なレビC12Dのコピーなのでフィルターのガラスを追加、といっても塩ビ版を貼っただけです!塗装は下地銀でやってるんだけど小さくてこれも全然わかりませんね。

h44.jpg
無謀にもホ5を真鍮パイプで新造〜って複雑すぎてこの辺で妥協です。自分には銃身に無数の通気口を開けるスタンド能力は無かったアアァァァァッ!

h45.jpg
組み付けました!おおおこみ上げるものが…8月15日迄には完成させたいです〜

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/48 疾風 #08

sora8pl.jpg

脚まわりを仕上げます♪
h34.jpg
カバーを付ける前にブレーキラインを施します。ここは結構曲がりがあるので0.26ミリのステンワイヤーを使って見ました。形状固定が楽で折れないので作業しやすいですね。金属感バッチリだし。

h35.jpg
実機写真を見るとけっこうこの部分煤けてますので…キャブ使用の星型エンジンは下の気筒がくすぶりがちなので結構盛大にやっちゃいました。ハ45は混合気の不均衡からくる出力低下に最後まで悩まされましたね〜

h36.jpg
脚庫のモールドも手を入れる必要のないくらい立体的に施されています。金属むきだしの所はキラキラ反射するくらいに塗るのが好きですね。煤やサビにまみれていようとも、整備兵さんたちが精魂こめて磨いてくれてるって感じが出せればなぁと思ってます。

h37.jpg
尾輪扉内部もこてこてモールドで嬉しいです。扉開閉用ロッドを伸ばしランナーで追加しました。ようやく駐機場へ出てきた「疾風」残すはペラと落下タンク、中央キャノピー等の艤装のみとなりました。嬉しいような寂しいような…

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/48 疾風 #07

sora7bgt.jpg

小物製作に入ります〜
h29.jpg
例によって排気管の開口を施すのですが、液冷と違って空冷の単排気管は小さいですね!ちなみにコレは普通のカッターナイフで削ってます。刃はでかいですが30年連れ添った相棒なので何とかなりました<ケチ

h30.jpg
うん、ちょっとフチが潰れてるとこもあるけど拡大しないとわかりませんね!もともと裸眼ではまったく見えないので問題ないですし(老眼乙

h31.jpg
脚庫には地味に配管を追加しました。削孔厨としては桁の肉抜き孔、それからホ103とホ5の排莢口とか開けないと気になって仕方ないですの。あ、0.3折れた…

h32.jpg
主車輪は通常と自重変形の2種、ハブは別パーツとハセらしからぬ豪華な内容。これなら塗装がすごく楽です。何と車輪の取り付けもポリキャップ、位置合わせは楽だけどブレーキラインどうしようかな?

h33.jpg
仮付けですが…短い脚がいかにもキ84ですね!何だか生産途中な雰囲気が素敵です。中島飛行機工場に並んでいそうでわくわく♪完成までもう少しだけど、急がずじっくり楽しみますね。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/48 疾風 #06

sora6t3.jpg

とりあえずちょこ塗装
h24.jpg
補助タンク注意とフムナ線はイエローのデカールが無かったので筆塗りです。テープ貼ってきっちり塗るのですが結局ヨレヨレ汚し仕上げに(ヒャッハー

h25.jpg
色味が違いますが黄緑7号の上から塗ったので透けたという事にしときましょう。スポンサーロゴでもないですからね〜

h26.jpg
今回は純正デカール使用、11FRの電光マークと機番はタミヤ疾風のを調達しました(260円、安〜)くすんだ発色のハセ日の丸が大戦末期の日本機にはいい感じです<タミヤのが鮮やかだったけど

h27.jpg
裏側はさほど銀地は出していません。汚しは結構入れてるけど写真じゃよくわかりませんね。フラットクリアしたら日の丸が日焼けちゃったみたい…ほこりですよホコリ。

h28.jpg
キャノピーのマスキング剥がしたら案の定上面色が剥離しまくり、でもかえって良い感じ?少し調整すれば良い感じのチョロ剥げ枠になりそうです〜。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。