スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KTM250EXC 2004 雑感

いやコースも走ってみたいんですけどね〜
rtr.jpg
今年は5月6月とハレの日ばっかりで、ちょっとヒマがあれば山に繰り出しては超疲労で帰宅終了なホリデーライフでして更新もおさぼりしておりましたm(_ _)mだってオモシロいんだもの!ようやく熱病も少しおさまってきましたので、自分なりに感じた事を記してみようと思います。

■2ストは譲れない
ex01.jpg
いまや一般的には過去の遺物とされている2ストロークエンジンのバイク、けど軽量コンパクトでハイパワーなこの機関はオフローダーにはうってつけのエンジンでして、DT>KDX>RMXと素敵なバイクライフを過ごさせていただきました。時は流れ、RMX号もさすがにくたびれて来てしまって、けれどトラクションさせやすい低中速トルク、スカスカなエンブレに慣れきってしまった僕には4ストはどうも馴染めなくて…次のバイクがイメージ出来ずに燻っておりました。そこへ「2004KTMだれか乗らない?2ストだけど」の話がありまして、これはフラグなのかな?と…

■山を走る事しかできません
ex02.jpg
KTMのオフ車はいわゆるレーサーに保安部品をつけて売ってるという反則なバイクでして、車で例えれば初代のロータス・セヴンのようなレースに出て勝つ!それだけの目的で設計されているマシンです。当然キーは無いし2ストオイルはガソリンに混合して使用、925mmのシート高、燃費は13km/ℓがやっと、あと一定速で走れないなどおよそ公道走行には向いていませんが、驚く程軽い!(100kg程?)強烈なパワー(50hp以上?)まるで浮いているように荒れた路面を突き進む極上のサスペンションにカチッとしたブレーキと、グラベルを安全に速く走る為の装備は十二分、自分の腕が上がったかのような錯覚を覚えて思わず我を忘れてしまいます。これ10年以上前のバイクなんですか?ってくらいただただ愉しいのです。

■レーサーと暮らそう
ex03.jpg
弄り系ライダーにとって、手間のかかるレーサーの維持はむしろ喜びかもしれません。といっても4ストに比べて遥かに単純な構造の2ストはそう煩雑にシリンダー外したりする事はありませんが、定期的な整備と調整を前提としているレーサーはそれらの作業が短時間で容易に出来るよう配慮されています。外車なので所々変な寸法のボルトとか使われていますが、前オーナーがマニュアルとパーツリスト一式をきれいに保存してくれていたのがとても助かっています。WPやブレンボ、マグラといったハイエンドパーツ、高精度に加工されたエンジン内部の機構は見ているだけで幸せな気分になりますね。昨今はネット通販ショップが多数ありますので純正パーツ入手に関しては在庫がすぐ危うくなる国産車より遥かに安心感があります(純正オプションの数がハンパ無いのですよこれが!)

■最近の弄りネタです
ex04.jpg
低速でボエボエ走っているとすぐオイルがサイレンサーから漏れてくるので、中のグラスウールを交換しました。初めマニュアルを見て排気口のナットを外そうと思いましたがどうも見当たりません。ん〜よく見るとサイレンサー自体少し純正と違うような…実はこのバイク、排気系がそっくりレース専用に換装されていました。道理でチャンバー、サビサビなわけだわ(性能8%向上らしいです)なのでサイレンサーもリベットを飛ばさないと分解できないタイプ。まあ2スト人生な僕らには慣れた作業です♪

ex10.jpg
KTMには「パワーパーツ」なる純正オプションパーツの一群がありまして、これのカタログがオフ車版だけで100ページもあるすごいモノなのです。もう欲しいものばっかりで…その中で今回はフロントフォークのプロテクターをチューン?しました。倒立フォークは見ての通り摺動部が下部に位置しているのですが、ここに傷がつくと中のオイルが漏れないようシールしているリングを切ってしまいリークが起きてしまいます。なのでそれを防ぐガードがついているのですがノーマルは前半分だけを保護するタイプのもので(右)走行時の転倒には効果的なのですが、岩場を上るときとかに失速してズリ落ちる際には全くの無防備なのです。今回入手したクローズドタイプ(左)は筒状になっているので後退(落下?)時にも岩ヒットから護ってくれるかなと。何といっても高級なWP製フォークですからね!ただ筒状なので装着するのにフォーク抜かないといけないですが…価格は左右で3600円♪いや本当、KTMのパーツ安いって!
スポンサーサイト

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

エキサイト廃道バイク!

バイクがよくてもジョッキーがへたれてますので…
eXite.jpg

整備完了!ようやくデビューです!
kt12.jpg
何かバイク小さく見えますね〜でも視点は高いです。地面がすごく遠いぞ…当然足付きは片足ツンツンです〜スタンド乗りが出来ない(折れるそうです)ので、乗り降りも大変たいへん!

kt15.jpg
世界に名だたるKTMのエンデュランサー、その道のスペシャリストが駆るバイクですので、自分レベルのスピードでは全然サスに仕事をさせてあげられず、固い乗り心地だけが身体にひびきます。唯一の救いは軽いクラッチで、これなら3速入れっぱなしのズボラ運転もラクラク〜 切れが悪いのはまあ、レーサーですからね(信号待ちは超ツライ〜)

kt14.jpg
最近の地元ルートは気持ち良いダートっていうのが無くなってきていて、舗装されてるかデカ石ゴロゴロ倒木地獄かの二極化が進んでしまってます。で、後者を走る訳ですがそうなるとやっぱりシンドイのは足付きの悪さ、上りでエンストしたらもうバイク山側に倒すのが精一杯、短足にはキビシー!でもガレガレの路面をやけくそ?で開けていった時の吸収性とライン取りの容易さは自分にも伝わりましたよ!軽い車体、コントローラブルなブレーキ、図太い低速トルク…これは、すげーバイクだよ!

kt13.jpg
よくある根っこでステア状になってるところでも、勢いさえ失わなければ取りあえず前輪だけは乗り越えます。さすがWP!本当は上手いこと脱重してクリアしたいのですが、それは今後の課題ということで…ん〜、冷却水の匂いがするなぁ。自走なので焼き付きは勘弁、冷えるまで一休みです(いや、自分の息の方が…)

kt16.jpg
無事下山、いやはやトレールとは何もかも異次元のマシンでした。燃費は13km/ℓくらいかな?思ったよりは悪くないですね。春の陽のなか、気持ちよくスポーツできました。まだまだ乗せられてるけど、いつか思うままに操れるようになれたらいいな〜

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

250EXC Stand Ready?

No Bike,No Life.♪
250exc.jpg
今年もいっぱい走ろうね〜

さて、原チャ並の価格でGetした250EXCですが、少々難ありという事で盛大にパーツ交換をやりました〜
kt01.jpg
純正パーツはKTM埼玉さんのWEBショップで取り寄せました。10日程で届いてびっくり〜
今回オーダー分
75032061044 OUTPUT CYL. WITH BLEEDER SCREW ¥19,310
59002032000 REP.KIT PISTON 9,5MM RAC. 2000 ¥4,744
54736044000 RUBBER BOOT CPL. BOYESEN 2002  ¥3,953
59006015000 AIR FILTER RACING 2001 ¥2,342
54807004000 GAS COCK ON/OFF/RES ¥2,634
お高いかな〜と思ってましたが国産車とあまり変わらない?あとナンバー付きにするのでウインカーも
SEC エアロフラッシュ クリア トライアングルタイプ ¥3,352×2
ん〜ときめきます。

まずは切れかけてるキャブとシリンダをつなぐゴムパイプを交換します
kt03.jpg
これは経年変化でダメになりますので定期的に換える部品ですね。

kt02.jpg
サイレンサーを取ってサブフレーム下側のボルトを外せば吸気系に容易にアクセス。WPのショックが眩しいです〜

kt04.jpg
キャブは油面を調整、ちょっと薄めにしてみました。レーサーのキャブって径でかいですね。半月バルブのケイヒンPWK型です。

kt05.jpg
エアフィルタも新品〜ってツインエアが純正?OEMだからなのかステッカーが入ってない…でも安いです!

kt06.jpg
今回の目玉、クラッチ出力シリンダ交換です。この車体もともとクラッチが切れない状態で引き取ってきたのですが、調べてみるとエンジン側シリンダのEリング?のはまる溝の部分が半周に渡って破断、圧力がかからない状態になっておりました。これはアセンブリ交換しか無いようで高額な出費となってしましましたToT

kt07.jpg
この機会にマスタ側のシリンダも新品に換えました。マグラのシステムは「ミネラルオイル」指定となっていますので巷で好評のシマノのブレーキ用オイルを使いました(純正はえらくお高いのです)さすが油圧クラッチ、軽いです〜

kt08.jpg
メーターの電池も切れていたので交換、指定のCR2430が売っていないのでCR2450(厚みが2ミリ厚い)をセット、ねじ込み式のフタの先を2ミリカットすればぴったり合います。作動も問題なし、容量も倍でいい事尽くめですね。

kt10.jpg
ウインカー類をつける頃にはもう夕暮れ…うーん今日はよくがんばった!ちゃんと視認できてますよね?

kt11.jpg
ナンバーをつけてちょっと試走。いやさすが50hpオーバー、アクセル開けるのが憚られる位の加速、爆音と振動!早く山で試してみたいです。

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

超☆春のめざめ作戦

ご無沙汰しております〜
世の中すっかり春なのですね!どうりで体中がムズムズすると思いましたよ。
DSC_6679.jpg
さて、なかなかハードランは厳しくなって来た(自分の身体もですが〜)SJ13A号ですが、ひょんな縁で欧州美人とのお話があり、この度用廃と相成りました。いままでありがとうね!

さて、新鋭機はキャピキャピのこの娘です♪
DSC_0165.jpg
K・T・M!
250EXC!!
いきなり究極来てしまった。
トーシロでこれ乗るかよ?
とも思いましたが、まだ身体が動くうちに乗れるものは乗っとけ〜って感じで踏み切りました。
オフ乗りとしては長年の夢でもあったしね。
少々難有りなので稼働まで手間だけど、コイツで山を駆けれると思えばなんくるないさ〜。
青空ワークス、新装開店です〜

しかし休みがないぞ〜orz

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

JB23W号 インテークパイプ交換♪

暖かくなってきましたねっ♪
jb23w.jpg
さて新しい?ウチのジム子、カタログモデルとはいえ16年前のクルマなので(ウチのは3型、最新は10型)現行型に比べるといろいろと劣っています。でもそこは自らの手を汚して弄り倒すのがジム飼いの気概というものですよね!今回はネットでも良く取り上げられている「ターボの加給圧を上げる!」なんてのを試してみようと思います。

と、その前にエンジンルームのサビサビを何とかしましょう。何でもヘッドライト裏がヤバいらしいです。
DSC_3748.jpg
アンダーじゃないけどアンダーコート。ブレーキクリーナで脱脂したあとぶっかけました。

DSC_3749.jpg
マスキングも無しにスプレーしたのであちこち飛びまくり、でもMrカラーの溶剤で拭けばきれいに取れます。ぬるいシンナーなので塗装に影響もないですし(T-4は相変わらずコクピットの足りない装備をちまちま作ってます)少々の穴はジム子の伝統なのでほっときます〜。

さて、レシプロエンジン機における最強の出力増加装置「排気タービン」我がジム子にもしっかりついています。ライトニングやサンダーボルトを名機たらしめた魔法のカタツムリが、わずか660ccのエンジンとはいえ装備されているというだけで3杯はいけますね。で、排気圧でコンプレッサーを回して吸気を圧縮する訳ですがご存知の通り空気は圧縮されると高温になります。もとより800度を超える排気で作動しているターボからの圧縮空気はそのままでは燃焼に適さないほど熱くて、そこで途中に冷却器(インタークーラー)を設け温度を下げてからエンジンへと送り込むという基本システムが出来上がりました。
DSC_3751.jpg
左上のコア状のがインタークーラー、そこから出ているS字型のパイプがターボからの空気導管なのですが実はこれ、繊維の入ったゴム製のホースなのです。で、フルに過給させるとなんと膨張してしまうという…

DSC_3752.jpg
それを金属製のパイプに換えると圧が逃げないのでブーストが上がるということなのですね。確かに走ったあと触って見るとフニャフニャ、何で金属にしないのかな〜とも思いましたが、多分ターボが壊れた際の(圧を調節する弁の固着)フェイルセーフなのでしょう。やるなら自己責任ってことで、早速みなさまお勧めのAUTOBAHN88、38径曲げ45度アルミパイプをゲットしてきましたよ!(1500えん)

DSC_3753.jpg
現物合わせ的に切る位置をマークして金ノコでカット、接続は既存のホースの屈曲部分を切り出してジョイントにします…作業はたったこれだけ。これ考えた人って天才じゃないでしょうか?格安パーツ+DIY、ジムニストの鑑です〜。

DSC_3755.jpg
か、カッコいいじゃないですか!早速走ってみましたが確かに力がありますよ!こんなに変わるものなんだ〜いやあ元祖「遊べる軽」は健在ですね!

テーマ : スズキ ジムニー
ジャンル : 車・バイク

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。