ハセガワ1/48 T-4ブルーインパルス#9(完成~)

足掛け2年半、やっとこ完成しました~
biz.jpg
川崎T-4 第11飛行隊"ブルーインパルス" 2002年 松島基地

bib.jpg
白はクレオス1番 青はタミヤTS44の缶スプレーで塗装しました。

bic.jpg
デカール後にスーパークリア半光沢+研ぎ出しで仕上げ、クリア乾燥に1年かけました!(バイクにかまけてただけ)

bie.jpg
フラップは上げ状態でセットしました。何で選択式じゃないのかな~?

bif.jpg
デカールはやや変色していたので新しく注文しました。ただコーションとかははっきりしすぎ?だったので古いのを使いました。

bij.jpg
ピトー管等はプラッツの真鍮パーツなのでシャープです!

bik.jpg
1/48のインテークはエンジンまで貫通してますので気合い入れてなめらか仕上げ、ダクトフェチ冥利につきます。

bil.jpg
尾灯はHアイズ、スモークノズルは洋白線で置き換えています。

bin.jpg
コクピットもプラッツのエッチングですが、B.Iの前席にはミラーが追加されてますのでランナー部?を切り出して左右にセットしました。あとキャノピー破砕装置?をミラーフィニッシュで再現(テキトーです)

何やかやOP買い込んだ手前完成させないとモッタイナイ!けどせっかくパーツ使うなら究極目指せ~って感じで超まったり進行でしたが、出来てみれば中々ヒコーキ感出てるかナ?満足の仕上がりとなりました。でも研ぎ出しは当分遠慮したいな~無性にゲシゲシ汚れたマシ―ン造りたい心境でゴザイマス。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/48 T-4ブルーインパルス#8

あっというまに初夏ですね〜!
cherss.jpg

塗装面の乾燥、面出しや研ぎ出しに随分時間をかけましたが、ようやく完了しました。
bi38.jpg
多忙で触れなかったお陰で十分以上に乾燥時間を取れたので磨き作業はスムーズでした。未完だった機体まわりの小物を塗装、機体に合わせてこちらも磨きをかけます。

bi39.jpg
待望の降着装置の製作にかかります。基本白塗装なのですが、鉄製っぽさ?を出したくてシルバーを下塗りしてみました(成型色が真っ白なもので)

bi40.jpg
白塗装仕上げ状態、鉄っぽくなってますかね〜よく解りませんね。オレオ部はミラーフィニッシュ、ブレーキラインはステンレス線を使っています。

bi41.jpg
なぜかこのキットは脚の取り付け部にまでポリキャップを使っています。けど今イチきちっと固定しないので接着しました。脚カバーのリンクアームを伸ばしランナーで追加しています。

bi42.jpg
さて、あとは細部の仕上げとなりました!エッチングパーツの出番です〜

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/48 T-4ブルーインパルス#7

暑中お見舞い申し上げます〜
kyun.jpg
きゅ〜んと爽快B・Iアイスをどうぞ!

このところバイクにかまけてましたが、B・Iもじわじわ進行していますよ。
bi33.jpg
水平尾翼は上面色が少し回り込みますのでマスキングがちょっと手間です。色々使ってみるけどやっぱりこの手のマスキングテープが僕には使いやすいみたい。

bi34.jpg
塗り分けラインのシャープさは劣るけど、回り込んだ所でもしっかり密着して吹き込まないのが安心感ですね。

bi31.jpg
このキットは我が家で長期在庫?でしたのでデカールの日の丸が赤茶色になっていまして…新品を取り寄せたらその違いは歴然でした。

bi32.jpg
このベージュのラインは日の丸と一体化していて広大なニス部分が残ってしまうので切り出して使います。新品デカールの方はちょっと濃すぎなので旧版を使用しました。

bi35.jpg
日の丸は鮮やかな新品デカールで、コーション類は新旧使い分けて仕上げました。

bi36.jpg
トップコートは半ツヤで、デカール保護の為の砂吹きで1本、仕上げの面出しで一本使います。これ塗るとちょっと黄ばんだ感じになるので機体色の白が落ち着きます。

bi37.jpg
塗装終わってようやくマスキング剥がしました。少々修正要だけど雰囲気はいい感じ♪単調な機体のラインに対してキャノピー内のゴチャゴチャがなんとも萌えますね〜

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/48 T-4ブルーインパルス#6

さて、気張って塗りますよ〜♪
bi22.jpg
まずはキャノピー裏のグレーから、久々なので緊張します〜

bi23.jpg
白塗装なので白サフで下塗り。表面が滑らかになるので仕上げの粗が目立ってしまいますね。修正修正〜

bi24.jpg
白塗装無事終わりました。今回はブルーの塗り分けを全て塗装で仕上げますのでマスキングの嵐なのですが、テープの替わりにハセのアプリケーションシートを使ってみます。極薄なので段差が目立たないかも。

bi25.jpg
ひと月近くかかってマスキング終了。いよいよ待望のブルーなのですがこれが缶スプレーだといい色がない(なぜ未だにインパルスブルーの缶スプが無いのでしょうか?激しく疑問)もう、塗って試してみるしか!

bi26.jpg
まずはTS-10フレンチブルー、色合いは似たモノがあるけどやっぱり明度が高すぎ…まあ下塗りってことで。

bi27.jpg
続いてTS-44ブリリアントブルー、赤っぽい色調になるけどこれくらいの濃度は欲しいのでこちらで行きます。B.Iの青は天候やカメラによって結構色調がかわるので最終判断は太陽光の下で見てみます。

bi28.jpg
いい感じの青かな〜って感じに見えますがこれフラッシュかなり強く炊いていまして…室内で蛍光灯のもとだとかなり暗く写ってしまいます。難しいですね。

bi29.jpg
下面はこれぞB.Iって感じの塗り分け♪これだけやるとさすがにマスキングに魂奪われました。テープの押さえが足りなくて吹き込んだ所もあるけど、概ね良好でひと安心、ぼちぼち修正していきます~

続きを読む

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/48 T-4ブルーインパルス#5

冬の基地はとっても寒いです〜
2017blue.jpg

お久しぶりのT-4です♪
bi18.jpg
世界で唯一といえるハセの1/48 T-4、微妙な機体のラインを良く再現している秀作なのですが、それを実現するため細かいパーツ割りになっていまして処理をする面がとても多いのが特徴ですね。飽きっぽい自分としてはここは根詰めずにのんびりじっくり作業しないと…しっかり下地をつくればそれに応えてくれるのがハセのキット、半年?かけてようやくスジ彫りまで終えましたが、期待に違わぬキレイなラインに整いました。

bi19.jpg
合わせ目修正が終わりましたのでコクピット内を仕上げていきます。今回はプラッツのエッチングを使っていますのでいつもの手作り?ディティールは控えめです。HUDのレフレクターを塩ビ版で追加したくらいですね。

bi20.jpg
ウインドシールドはこのタイミングで固定します。P-38の時に試して仕上がりが良好でしたので今回も。1/48のT-4はウインドシールド、キャノピーのΩ型断面をちゃんと再現していますので、固定した方がパーティングライン消しの際のクラック発生等のリスクを避けられます(いつもやっちゃうんですよね)

bi21.jpg
キャノピーもフィッティング、ちょっと幅が機体より狭いので修正はゴマカシ程度で済ませます(開状態で仕上げましょうか?)中央のパーティングライン消しはペーパー#1000>ラプロス#6000>ラプロス#8000>セラミックコンパウンドで磨きます。マスキングゾルで仮止めしたらいよいよマスキング、塗装に突入ですっ。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。