スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ1/72 F-2Aアイマス機 #3

第3回はインストの2~4くらいです。

0201.jpg
指示はないけどE1の裏面もMR324とXF1で塗りわけます。外から見るとここ塗ってないと目立っちゃう。

0202.jpg
同じくB1もコクピット内面をMR324で、インストの図と違ってK9は機体後端よりやや奥につけるようになっているのです。それ以降の内部はMR61で塗っておきます。

0203.jpg
ハセ得意の「切り取って下さい」金型流用?もわかるけどこの部分みたいな微妙にうねっている曲面にあるものは平滑にするのに気を使います。

0204.jpg
忘れないうちにA8の内面も塗っておきます。

0205.jpg
これも忘れがち!前脚のある機体のプラモは機首内にバラストを積まないとしりもちついて前輪が接地しないのです。インストには5gの指示だけど少々重めの方がよいかも。鉛の薄板(0.3mm)を適当に切って丸めて円錐に成形、エポパテか何かで固定すれば確実です。

0206.jpg
コクピットは接着する前に一度上部を合わせて位置を確認します(キットの指示の位置でつけちゃうと前すぎなのです)コクピット床の位置決め用突起を少し削って後部の端面がE1の開口部とツラ位置になる場所で固定。接着面積の狭い所は瞬着で、胴体みたいな長いパーツは流し込みセメントを使います。

0207.jpg
上下を合わせてその隙間にちょんちょんと筆をおいていきます(モールドのある所は避けて)個人的にこの匂いがたまらなく好き(原風景ですなぁ)よくテープで巻いて固定とか言われてるけど、要領を得ないうちはつけ過ぎたセメントがそのテープの裏に回ってプラをどろどろにしてしまう事があるのであまり勧められないなぁ……このキットくらい精度があればそんなにガンガンに固定しなくても隙間は出ないのでしつこく指で押さえておきます。まあ5分も押さえてれば十分です。

0208.jpg
後半部を接着する前にエンジン後端を塗装、SM03、スーパーアイアンを使いました。もうほとんど鉄!って感じに仕上がるのでアクセントになります。あと煤の表現には拭き取りタイプのガンダムマーカーが便利です。

0209.jpg
あまり拭き取りすぎないように……いやあまさに鈍色の輝きだなぁ!

0210.jpg
後半部分を接着するにあたって問題なのは前半部分との接合部、ここに間隙を作ってしまうと修正に骨が折れるのです。側面や後端は少々ズレてても修正は容易いので、なるべく前半部に密着して固定できるように赤い▼部のピンを切ってしまいます。これでA8は位置決めの呪縛から解き放たれたました。あ、ポリキャップ入れるの忘れないで。

0212.jpg
最初にA8の前半との接合部にセメントを流し込んでおいて慎重に密着させます。そこがある程度乾いてから側面と後面を接着してゆけば問題ないかと。側面の角は異様に接着面積が狭いのでしつこく指で圧着して隙間が出ないように、しっかし小型とはいえ現用機ってでかいですね。

0216.jpg
接着してる最中に気付いたけど、後端のエアブレーキと機体の間のスキマ、ここはパテで埋めてしまいます。銘柄は何でも良いけど個人的には粘土感覚で使えるエポパテがやりやすいかな。

0217.jpg
乾燥は遅いけどほとんどヒケない。硬度もプラと似たり寄ったりなので成形も簡単です。

0219.jpg
各地で合いが悪いと苦情の出てるインテーク部。まあそのままつけちゃうとアレだけど、別段パテ盛らなきゃいけない訳でもないし、慎重に摺り合わせていけばぴったり合います。機体側の三角の部分をインテークの上部のRに合わせて整形するのがポイント、インテーク後端もそれに合わせて角度を調整する。削り過ぎないように少しづつヤスっては合わせの繰り返し、なお赤い▼マークのサブインテーク端部は削ってうすうすにしとくと本物っぽくなります。

0220.jpg
調整が終われば内部をXF1で塗ります。ついでに垂直尾翼も貼り合わせときましょ(穴開けとくのを忘れずに、径0.5ミリ位)セメントは機体の三角部にやや多めに盛っておいて圧着、すかさず機体との接合部にも手早く流し込みます。斜方向に力をいれて暫く押さえてれば隙間なく固定できますよ。

0222.jpg
このタミヤセメント、実は完全に乾燥するには1ヶ月くらいかかるそうで。まあそんなに待つつもりもないけれど、溶剤が抜けてヒケたりする事も充分考えられるので主翼を接合したら1週間程放置するのが安全。その間は細々した部品とか弄っていましょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/72 F-2Aアイマス機 #2

ハセ通販完売とかびっくりな販売数のアイマスF-2A。1/72はこれしか出ないって事でとりあえず確保したけど、航空機プラモらしからぬ華麗なパッケージに騙された人も多いんじゃないかと。だって中身は一般人には無縁なハセの航空機キット、いざ作るったってガンプラみたいにはいかない代物なのです……そこで今回、一緒に楽しめる機会を得られたことで製作実況?みたいなのをやってみようかと思います。まあ備忘録と言うか、旬の素材を一緒に料理しましょーみたいな感じかな?お手軽モデリングだからエアブラシがなくても大丈夫!とにかく目指せ年内完成!(遅 ただ凄腕モデラーさんからみたら間違いだらけのプラモ作りになると思うので、真っ当な職人を目指されてる皆様はもっと上手い方々に師事されたほうがよいかも。

0102.jpg
基本的な工具や工程はインストや入門書等に記されているので割愛して、自分的に「これ使うと良いよ」というのを。塗料は基本的にクレオス(否水性)でいきます。入手しやすいし廉価で色数豊富、エア用であればたいていの色が揃う。ただ実際塗ってみるとわかるけどとにかく乾燥が早い!広い面積なんかあっというまにムラムラの世界に。「リターダーマイルド」は必須です!使えばゆっくり乾燥してゆくので塗膜が均一に広がって実に滑らかな塗りあがり、自分はこれでもう一度プラモ作ろう!と思ったくらいに目から鱗な一品。使用法は瓶に書いてありますがぶっちゃけ少量なら溶剤の替わりにこれで希釈しちゃっても問題ないです(ちょー乾燥遅くなるけど)あと筆は平筆2種と面相があれば充分です。

0101.jpg
ではインストにそってコクピットから製作に入ります!といっても1/72、部品はたった4点、黄色のパーツとかすげぇ違和感だな~。いまいちヒケが視認しにくいのが困ったもんだけどまあK18の正面コンソールの側面くらいでいいかな?瞬着をたらしてサンディングすればOK!それよりその左右のMFDがついている面に盛大なパーティングラインが出てるのでこれもサンドぺーパで平滑にします(でないとデカール貼れない)K2とL6を普通にゲート処理して下処理は終了。押し出しピンのあとは全部隠れてしまうから無視しちゃう。

0103.jpg
機内色はMR317が指定だけど実機の写真とか見ると(現用機は資料に事欠かなくてよいけどその分シビアかも)MR324の方が近いような気がするので……希釈は溶剤かリターダで行うけどまあ一回塗ってこの程度の濃度でも問題ないです。

0104.jpg
中央が飛びでた計器板、最近の戦闘機はずいぶんと変わってますね~。この部分は後で黒で塗るのでそれ以外をMR324で塗装。少々の表面の荒れはデカールに隠れちゃいます。

0105.jpg
シートは座面をMR333、ヘッドレストの逆Uの字のモールドをMR92で、横のレールは機内色MR324、シート本体はまだ塗りません。

0106.jpg
2色目を塗装、ここで大切なのは筆塗りでは同種の塗料の違う色を重ね塗り出来ないと言う事、筆先が先に塗った色の表面を掻いてしまうのでどうしても下の色が溶け出してしまうのです。そこで2色目の塗装にはタミヤのエナメルを使います。塗膜は弱いけど深いつや消し、輝くメタリックの風合いは細部塗装にとても好適で、もちろんクレオスの表面を侵さない。境界をしくじったらエナメル用の溶剤で拭き取ればいいので失敗しても大丈夫!ここではXF1を使ったけどダークグレー系でもよかったかな。

0107.jpg
同じくシートの塗ってない部分をXF1で仕上げ、ヘッドレスト部や座面の境界は乾いた後で綿棒に溶剤をつけて拭き取ります。

0108.jpg
3回程塗ってこの程度。この時点ではまだL2はつけません。

0111.jpg
塗料が乾燥したら計器のデカール貼り。といってもなにせ1/72、相当に小さい!こんな小さいものは裏面の糊が流れ出して全く貼り付かなくなってしまうことが殆どなのでマークセッターを併用します。これはデカール用の糊のようなもので全く糊のなくなったデカールでも強力に密着!ただつけ過ぎるとデカールがふにゃふにゃになりすぎるので注意です。

0109.jpg
出来るだけ余白を切って張りつけ。ここまで小さいものは初めから水中で下紙より分離させて、マークセッターを塗ったパーツ表面にピンセットでつまんで置いた方がやりやすいでしょう。

0110.jpg
細かい作業。でもここでこのデカールに慣れとかないと後々不安が残るの!デカール自体は大変品質の良いものなのできちんと貼れれば映えます。中央の出っ張ったコンソールに貼る116は一番上のボタンの並んでいる盤の部分を切り離さないと定位置に貼れないから注意です。

0112.jpg
計器板にくらべればサイドコンソールは楽なもの、先端が少しモールドからはみ出すけどマークセッター使ってればサイドに回り込ませて貼れます。この作業の後整形したL2を差し込んで裏から瞬接で固定。X18で全体を塗って先端部にXF7を楊子の先などでちょんとつければ気分はFire!Fire!

0014.jpg
0113.jpg
各パーツを固定してめでたく完成!組み込むのが楽しみです。

0115.jpg
前脚カバーで機体色の検討、MR113をベースにベースホワイト、CG21(ガンダムカラー)MR60で調整して成形色に似た黄色を作ってみました。理由はもちろん塗りムラが目立たないように!ストライプデカールとの色味の対比を懸念したけど、☆貼ってみたら全然問題ないみたい。俄然やる気が出て来ました!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

Eduard1/48 F.1 Camel #3

ribb.jpg
キャメルのあまりの精緻さに挫けて亜美機買っちまった……わけでもないけど、なんかずっと根つめつめで息抜く所がないのです>Edu。反動でなーんも考えなくていい機体が作りたくなっても可笑しくはないよね?よね?

だってこんなに小さいんです!
camw1.jpg
それなのにコクピットは当然としてエンジン直後のオイルタンクとかシート後部の燃料タンクとか、藤製みたいなシートやシートベルトはEduお家芸のPEパーツでイヤって言うほど超絶ディティールが楽しめる。ブラボー!!嫌いな作業じゃないんだけどすぐ目が見えなくなっちゃうんだよなぁ……

camw2.jpg
WW2以降ばっかり作ってると忘れちゃうけど、このころの飛行機って木と布と軽金属で出来てたんですよね。塗装指示でもクレオス43番とか書いてあるし、それじゃと思って塗ってみたけど乾いたらただの茶色にしか見えん。な~んか艶っぽくないな~と思って先人達のHPを巡って見ると良さげなTipsが。どうやら上からクリアーオレンジを塗ると良くなるそうな……早速試してみた。うん!テカテカで何かバイオリンみたいだけどはるかに木っぽくなっだぞ。何か愉しくなってきました

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/72 F-2Aアイマス機 #1

俺らの機体も派手だが、平成のゼロってのは半端じゃねえな(311SQ飛行士談)
amib1.jpg
「痛機」ついに発売ですね!青島でも富士見でもなくあの「ハセ」からこんな製品が出ようとは……気にはなるけど連休仕事で時間がねぇ!……間隙を縫ってやっと今日文K堂を覗きに行けた。発売から2日、こんなヲタ向け商品など瞬殺だろうと思ったけどなんと1個だけ残っていた(実は倉庫にまだあったり……危機感を煽る作戦かも)どうする?ただでさえ再版しないハセ、しかもこいつは初回のみって明言してやがる……レジにはバイトっぽいねーちゃんが二人、何で今日に限ってギャルなんだよ!このパッケージ、こっぱずかしさではSWEETやたまごひこーきの比じゃねえってのに……はっ、俺は何を躊躇してるんだ!「迷ったら買え」限定品の鉄則をよもや忘れた訳でもあるまい!ここで買えば2割引+送料不要なんだぜ!

まっ黄っ黄~なんて塗りにくそうだなぁ
amib2.jpg
とりあえず確保出来て一安心……帰って箱開けてぶったまげた。成形色黄色かよ!これやっぱり色塗らない人への配慮なんでしょうね~。まあおかげでぼてっと下塗りして繊細なモールドがだるくなる事も防げそう。キャノピーはスライド金型によるΩ型、パーティングライン消しが難関だな……インストの真面目な実機解説と可愛いイラストとのギャップがえらいおかしいです。

この夥しい量のデカール……部品請求すると2,300円だって
amii1.jpg
このマーキング密度!ちっこい☆とか何個あるんだよ~あとこの右翼!貼り損じたら立ち直れんな~。でも1/72でこの大きさってことは1/48に付属しているデカールはさぞ……ちなみにこのアイマスシリーズ、1/72はこのF-2Aだけで後は1/48で展開するみたい。しかもF-14とか15とか双発の大型機ばかり……そんなん置く場所ないって!さらにF-22なんか完全新規金型で、痛機の方が先行発売らしい。こうなったらもう行けるとこまで行ってくれ、ハセ!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセ痛機発売記念!(?)

「スミスP!トルクが強すぎてうまく飛べません!」
「君なら頂点に立てる!頑張れ、きっとできる!」
melcmel.jpg
まさかハセの最終奥義が痛機とは……ある意味マクロス以上の衝撃だぜ!>アイドルマスターシリーズ
いやね、いわゆる萌え~な感じじゃない絵がなかなかいいんじゃないかと。普通に可愛いと思うしね。この中だとやっぱピンクのF22だよな~ってこれ1/48じゃん!おそろしく高価だぜ!1/72の亜美機だったら買えそうだけど……でもこれらが激しく売れてくれればハセとしても新キット出す体力を蓄えられるわけだから是非売れて欲しい。さーて残るはタミヤ!あんただよ!初音ミクとかでお茶濁してないでさっさと痛90式出せ!(いえ、出さなくて結構です)

テーマ : 自作イラスト
ジャンル : アニメ・コミック

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。