スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ1/48 FW190D-9 #5(祝完成)

サンダーボルト2とかライトニング2とか聞くと、ルフトバッフェの末裔が今に生き延びていたらどんなスーパーファイターになってたのかって思いますね。


2011年初のロールアウト、ドラ9ようやく完成です!
FW190D-9 Stab/JG4 1945年フランクフルト ライン-マイン飛行場

どうなることかと思っていた迷彩だけど楽しく塗れました。色合いもヨーロピアン調?なグリーンが出せてよかった。ピトー管は真鍮パイプで作りなおしてます。


ムリヤリくっつけた機首や延長材による胴体のラインは洗練とは程遠いけど、スピットやムスタングにはない無骨な凄みを感じますね。


単純な国籍マークと無塗装部が切迫した戦況を物語る翼下面、翼端灯とガンカメラ窓、せっかくクリアパーツの伸ばしランナーで作ったのによくわかりませんね~。


D型といえばやっぱりガーランドハウベですね。機体下面のアンテナ類も延ばしランナーで可能な限り細くしてみました。


排気管はナイフで開口部のモールド追加してみたけどなんかぐちゃぐちゃ、写真を見ても飛行時間のわりに排気汚れが目立つのは燃料が粗悪だからでしょうか?


グレーっていうか黒黒したコクピット、それがかえってドイツ製らしい精巧さを感じさせます。火薬式キャノピーは「成層圏気流」ではじめて知りました(Ta152もだ)


今回使ってみたウエザリングマスター、適当に擦り付けるだけでこの汚れ感、失敗したら消しゴムで消せるしいや~コレは良い!機関砲は真鍮パイプに置き換えています。


このキットを完成させられたまさに原動力のスクラッチjumo213、しかしコレがkwk43の砲尾とケッテンクラートの起動輪で出来ているとは誰も思うまい♪滑油タンクはプラバンを積層して整形しました。ゆるいリアルさが心地よい一品です(を

タミヤの1/48傑作機はF4Fに続いて2機目、今回のD-9も組みやすさやパーツ精度はさすがです。組み立てにストレスがかからない分いろいろな工作や塗装に凝ったりするのが楽しくて、気がついたら結構あちこち変更してたり……とても楽しめました。なにより筆塗りである程度の完成度にもって行けた事がすごく嬉しい!心の師匠の作品に少し近付けたような気がします。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

タミヤ1/48 FW190D-9 #4

あのTa152でさえジェット機基地の上空警戒役に回されたくらいですからね……爆装のD-9、やっぱりらしくないなぁ~


わざわざこんな凝った型にせんでも……

チラリズム大好きな?私としてはせっかくラジエターのモールドもあることだし、カウルフラップは全開!をチョイスしたいところです。スカスカだとさびしいので作動ロッドを追加しました。押し出しピン?そんなの見えませんよぅ~

d917.jpg
隙間からのぞく急所@ん~エロいですね♪排気のスス汚れはタミヤのウエザリングマスターを使ってみました。まさにパステルぬりぬりお絵描き感覚、気に入りました。

d914.jpg
すっきりくっきり良い発色のタミヤデカール。貼ったら取りあえずスーパークリアします。

d915.jpg
あとはタミヤエナメルの75とか83とかで色あせた感じに調整します。写真を見ながらそれらしく……疲弊した中にも「未だルフトバッフェは死なず」みたいな気概を漂わせられれば最高なのですが。

d918.jpg
最後にスーパークリアつや消しを吹いて機体はほぼ終了です。取りあえず形になって一安心、後はペラや脚、キャノピーくらいですね。楽しくちまちま作っていきます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

タミヤ1/48 FW190D-9 #3

あけましておめでとうございます!今年もルーズな更新が続くと思いますがよろしくお願いします~


表面処理終了、いよいよペタペタ塗装にはいります♪

まずは地色のRLM76、例によってクレオス混色によるリターダたっぷりの筆塗りです。BF109Eの塗色は爽やかな空色ってイメージだけど、凋落著しい1945のドーラにはちょっと眩しすぎな感じなのでやや緑色っぽくしてみました。


次はRLM83ですが、タミヤエナメルのビン生だと何だか黒々としちゃうので明るめに調色してみました。境界は溶剤で融解させてデロデロぼかし、大好きな80年代のカラー側面図っぽいタッチを目指します。スミ入れはガンダムマーカー、塗り終わったあとは一度スーパークリア光沢で押さえます(これでベタベタ手で触っても安心)


よくわからん色RLM75、グレイバイオレット?やはりタミヤエナメルで混色してみました。一度クリアでコートしてるので溶剤攻撃をしても下の色を侵さない♪思いっきりデロデロ塗り塗りボカシます。モットリングは胴体全面に溶剤を塗布したあと筆でぽつぽつ斑点を落します。お絵かきしてるみたいで楽しいですね。控えめスミ入れの後は再びスーパークリアでなめらか表面にしておきます。


最近話題の?翼下面の銀塗装を施してみました。といっても実機の写真は胴着してるのであくまで推測なのですが……この部分はお手軽にマスキングしてAS-12をシュッと、おお、なかなかキレイじゃないですか~。何だか全面銀塗装の機体作ってみたくなりますね。さて、次はハラハラ楽しいデカール貼りです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。