ハセガワ1/72 T-4ブルーインパルス #4

何とブルーインパルスのPの皆様が芦屋で訓練を再開しているみたいです!詳細はjun-flyさんのブログをご覧ください。素敵な飛行機がの写真がいっぱいですよ!私もあんな風に撮れたらなぁ……
4db9c6d56c913.jpg
そろそろハンガー内の青イルカにも火が入るか?今度見に行ってみようかな~

t409.jpg
胴体下面ラインを修正後、主翼下面と垂直尾翼、キャノピー後部のブルー部をマスキングして塗ります。ちなみに今回はスミ入れは一切無しでいこうかと……というのもこのキット、小さい機体なのに執念ともいえるような繊細なモールドがぎっしり……一度薄いグレーで試したけど何だか小汚くなってしまって、まあ実機もピカピカに磨き上げられててほとんどパネルラインなんか見えないからもう無視しちゃおうかと。1/72だし、間延びして見えることもないでしょう!

t410.jpg
こうやって塗り終わった下面を見ると航空祭に行った時のことを思い出します。なんか俄然テンション上がってきますね~。タミヤエナメルなのでしっかりスーパークリアして一週間ほど放置します。滑らかな表面になるのはいいんだけどどうしても塗膜が厚くなりがちなのですよね……でも気にしない!モールドなんか埋まって結構!大体実機にあんな溝なんかないですよね(それを言っちゃぁ)

t411.jpg
翼のブルーラインはデカールを使用しました。しかしこのデカールが何とも貼りにくい代物でして、少しRのきつい所に貼ると曲がらずに割れてしまうのです。水平尾翼の時にあえなく挫折してから、こりゃ青部分は全部塗らないときついな~と思っていましたが、このくらいの平面ならば問題はないようです。色合いも塗装色と違和感ないし……お……おおおおお!格好いいじゃないか!デカール貼りはまさに魔法ですね!にわかに存在感を増し始めたT-4BI、早く続きが貼りたい~(でも眠い~)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ズベズダ 1/48 ラボーチキンLa-5FN#1

1850馬力?燃料噴射?なのに機体は木製とか進んでるのか保守的なのかよくわからないですが……でも1943年以降、東部戦線の空を支配したのはコイツとヤクの赤い星戦闘機隊なのですね。


ん十年か前、たしかハセ……レベルだったかな……1/32BF109のパッケ絵に描いてあったなぞの空冷ソ連機、脇役ながらその四式戦にも似た力強いフォルムに不思議に心惹かれたのを思い出します。それがラボーチキン戦闘機だって知ったのは結構最近の話、それでも型番くらいしかわからなくて……そのプラモがあの自国のロシア……旧ソ連ですよ!そんな国から発売されてるなんて!

箱や説明書に飛び交うキリル文字、いや~ほんとに旧ソ連製なんだな~。シュリンクパックされてるキットってギャンブルな所があるけど、意外にもパーツ精度は高そうで一安心、何ケ所が湯流れ不良な所もあったけど小さな部分なので修正は容易そうです。そして良いタイミングで出版された世傑!最近の資料の充実さにソ連機大好きの私としてはまさに春が訪れた感じです(フランカーD、早速予約しちゃいました♪……ついでにやよいちゃんも<バカ)


さて、一通り中身をチェックしてみましたがやたらと凝ってます。1/48でここまでやるか?っていう機内の再現度、感じとしてはタミヤの零戦かそれ以上のこだわりを感じますね。さすが自国の救世主ってところでしょうか「ウチのラボたんは最高や!みんな作ってみてや~」ってメッセージがひしひし伝わって来ます。チラリズム大好きモデラーとしては余計な工作をせずに済みそうでマル!


この吸気管、一本一本ランナーから切り出して取り付けてゆくのですよ。プッシュロッドも別体パーツだし、これにまだ推力式排気管が付くと思うと(機体にエンジンセットした後で位置決めしようと思います)よくもまあ1/48でここまで追求したもんだと。何とか完成後もエンジン見られるように工作しないといけませんね!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ1/72 T-4ブルーインパルス #3

何時か、蒼い空で……
birtbh.jpg
何なら芦屋をホームベースにしていただいても(こらこら

t405.jpg
尾翼で塗装を試行錯誤しました。ホワイトはクレオスの缶スプレーでお手軽に済ましちゃったけど、1/72、しかもアクロ機の塗りわけなんてもう修行かと……エッジだるだるにラインへにょへにょ、インパルスブルーはスペシャル調色したタミヤエナメル、塗っちゃ削りの修正の連続で何とか見られるようになったかな?上塗りはスーパークリア半光沢の控えめツルツル仕上げです。

t406.jpg
今回モデラーズのハイテクマスキングテープを使ってみました。エッジとかの密着がイマイチな気がしますがとりあえず片面ずつ塗ってゆきます。

t407.jpg
なるほど確かに境界はシャープに仕上がりますね。けど複雑な面への密着はやはり紙製に分があるようで、けっこう入り込まれてしまいました。はみ出しやムラの修正もいっそうややこしく、毎日少しずつ、地道にラインを決めてゆく日々が続きます(集中限界15分)

t408.jpg
反対側を塗ったところ、相変わらずハミ出しやら流れこみやらで酷い状況です。みんなよくこんな小さいの塗りわけできるな~。でもなんか少しBIっぽくなってきたみたいで嬉しいです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

私的精密解剖図

ココロは少年の我ら航空ファンにとって、飛行機雑誌に掲載されているカッタウェイイラストはいくつになっても知的好奇心を刺激してやまない至高の絵画なのです。精密に描かれたエンジンやコクピット、つぶさに丸数字と説明を照らし合わせていけばいつしか眼前に実機があるかのような興奮を味わう事が出来てしまう魔法の絵、大好きですね!まあ実機のはとても描けないけど(無知だし)備忘録のつもりでちょっと遊んでみました。

素材とか重心がどうのとかは置いといて(謎 こんな絵、子供の頃によくノート一面に描いてましたねぇ。でっち上げたストーリーを背景にいろいろ妄想する架空機創りは楽しくてつい時間を忘れてしまいます。絵が主なのかお話が主なのか……まるでプラモを売る為のプロモーションと化している某アニメみたいですね(悔!

震災復興の願いをこめて!T-4BIは今ブルーのツートンに苦戦してます。何せ小さい!マスキングが不味い!眠い!でやり直しまくり、経過をお見せ出来るようになるまではもうちょっとかかりそうです……そうしている間にも何故か増えてゆく積みの山……あれ?スパホなんて何時買ったんだ<ロービジデカール捜し中

テーマ : 自作イラスト
ジャンル : アニメ・コミック

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。