タミヤ1/48 MiG-15bis #10(完成)

気がついたらまた7ヶ月も過ぎてましたね^^;
m41.jpg

「空中猛虎」完成です〜
m42.jpg
第三師第九団第一大隊 王海 搭乗機 1951年11月 安東基地

m43.jpg
尾部からチラ覘く排気ノズル、これが機体の中から伸びてると想像するだけで3杯はイケますね〜。

m44.jpg
後部胴体の固定はネオジム磁石でパチッ、って感じです。固定は強力でそこ掴んで持ち上がるくらい、付属のドリーもいい雰囲気です〜

m45.jpg
ほぼ造りかえになっちゃったエンジン、ジャンクパーツの寄せ集めとは言えノーマルとの差は歴然…だと思いたい。

m46.jpg
キャノピーも開閉して遊べます。はるばる調達したデカールの赤の発色はさすが!透明部分も全く目立ちません。

m47.jpg
着陸灯や機関砲は数少ないアクセントなので過剰気味にアピールさせてます。しつこく磨いた吸気口内面のツルツル感がたまりません。

m48.jpg
見せ場の37ミリ砲はちまちま孔開けで何とか体裁ととのいました。車輪扉前のアンテナは極細伸ばしランナーです。折れそうでもう触れません〜

予想に反していろいろ手間でしたが何とかまとめることができました。シンプルな外観に内包された獰猛な機械の存在感、このキットのウリをある程度生かすことが出来たかな〜と思っています。今販売されているタミヤ1/32シリーズはまだ自信がないけれど、またこういうメカメカしいの作ってみたいですね♪

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

タミヤ1/48 MiG-15bis #9

私たちがよく耳にするロシアの民謡?って軍歌(戦時歌謡)が多いのですね。
porysh.jpg
ポーリェシュカ〜ポーリェ〜♪

小物パーツを仕上げます〜
m37.jpg
神経使うキャノピーの枠塗装ですが、ハセと違ってこの時期のタミヤの透明パーツはかなり肉厚でちょっとやそっとじゃ潰れないのが嬉しいですね。ガラス越しの像が少し歪んでしまうのが欠点ですが透明度は高いので磨きあるのみ!です。

m38.jpg
ILIADのデカールですが、感じとしてはスーパースケール系の極薄フィルムタイプです。同社製品に親しまれてる方なら特に難しくはないかと。何と言っても発色が良い〜機体を赤く染め上げたい同志としてはコレは見逃せません♪マーキングはド定番の2249、王海の機体にしました〜

m39.jpg
機首の強武装が格好いいMiG-15なので、機関砲はしっかり実感を持たせたいところです。HP-23は真鍮パイプ、H-37はプラ丸棒を気合いで削孔して仕上げました。この37ミリはB-29を2発で屠る威力だそうです!

m40.jpg
キラキラ機体を作るのが目標だったのですがそこは大量生産機、品質の悪い箇所も見せとかないとらしくありません(偏見)というわけでコクピットや降着装置はあえて塗装ハゲハゲ気味の仕上げにしてみました。今回ブレーキラインはステンワイヤーを用いていますが、ちょっと派手かなぁ。

いよいよ次回で完成披露!の予定です(主翼下の鳥居型?アンテナに苦戦してますが〜)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。