スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ1/48零戦21型#1

VF-25のファイター形態にグラッとしてしまったついでに、私の模型制作の原風景ともいうべき飛行機プラモへの熱い情熱が再燃してしまったっぽいのです……今も覚えてる、確かLSのスピットだったかな~カラーマジックでべたべた塗って仕上げました。当時はまだまだ第二次大戦機は男の子達のヒーローだったわけで、結構出版されていた子供向け戦記物を読んではその勇気と悲哀に感動したものでした。当然セメントはみ出しのげろげろなウォーバードが増殖していく訳で、私の机は下敷きなしではまともに字が書けないほどに荒廃してしまいました。でも布団の中で、薄暗がりに展開される天井からぶら下げた機体の空中戦を空想するときの高揚感といったら!。そんなこんなで航空ファンとか買い始めたある日、クラス替えで友達になった友人の家(といっても同じ団地ですが)に遊びにいってびっくり、そいつの父親が超凄腕のモデラーで(1/200の大和がでーんとあった、あのくそ狭い間取りなのに)私がその親父の作品を食い入るように見てたら、なんと帰りに1/32の隼とハリケーンを惜し気もなく持たせてくれたのです。初めて間近で見る職人の仕事、とてもプラモ→子供のおもちゃとは思えないその「実機」に心底震え上がりました。あのときの衝撃は生涯忘れませんね。
oscar.jpg

さて、善は急げ。スケール部門の乏しい地方都市に輝く殿堂「文教堂hobby」にえっちら出かけて来ました。何といっても筆塗りで仕上げようってんだからエアブラシ必須のドイツ機は早々に見送り(好きなんだけどね!)上下2色も上手くやる自信が無い!とかいってると初期の日本海軍機か後期のアメリカ海軍機、あとは両陣営にたまにある無塗装ってあたりに落ち着いてしまいます。まあいいや久々の飛行機だし、ぬるく取り組めそうなものを……と探してみるとこれが意外と無い!。っていうかそんなのばっかり売れてないかい?ってくらい超絶に塗装の難しそうな機体ばっかり並んでる。うがー!塗装のへなちょこな飛行機プラモほど見苦しいものはナイってのに!
zeek01.jpg
捜して探してやっと見つけたのが、このハデハデ塗装の変なゼロ(笑 でも説明図にはごく普通の艦載機バージョンにも塗れる旨書いてあります。よっしゃ!単色塗装キタ!ほんと、ゼロなんて作るの何年……いや、何十年ぶりでしょう。その年月の間にいろいろな解釈が行われて来たようで、いわゆる明灰白色の色合いが少し緑がかってるのが今の流行りらしい。なるほど当時にはなかったカラーが沢山出ていますね……なんかわくわく。久々の空モノ、しかも筆塗りでやるということで現在WEB上で公開されてるモデラー諸氏の完璧な考証、神技的技法による作例にはとおーく及ばないものしかお見せできませんが、過去製作していた時の自分の技がどこまで通用するか、何だか無性に楽しみです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

いらっしゃいませ~

こちらこそ初めまして!
訪れた文教堂で見かけたSWEETの箱絵についつい乗せられてしまって>イラスト。あの絵師さんって確かモ子ちゃんの方ですよね!未だ現役とはとても嬉しいです。負けずにって言うのも烏滸がましいけど、このトピックの更新の際にはまた描いてみようかなと思ってますのでお暇なときにでも訪ねてくださいね。


はじめまして!
文章読んでいてすごく共感しました。
僕も学生時代に見たセミプロの方の作品がいまだに頭から離れません。
その方には今も到底追いつけませんが作ったり考えたりするだけで楽しいんですよね。
きっとこういう気持ちは一生変わらないのでしょうねぇ~

イラストすごくかわいいですね!
なんだかこのイラストに釣られて書込みしてしまいました。
なんていうのだろう味があるって言うか懐かしいというか。
また遊びに来ます!
ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。