スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワ1/72 F-2Aアイマス機 #7

地味で時間ばっかりかかる機体の整形。慎重かつ大胆にシェイプを削り出しましょう。

706.jpg
といっても大きな段差は主翼取り付け部くらい、されどブレンデッドウイングボディなF-2はここが滑らかじゃないとらしさ半減なのですね。モールドなど気にせずにガシガシ削っちゃいます。ペーパーは400番>1000番と使って、それとコクピット後部のアンテナ直後の穴は使わないので瞬着で埋めます。

707.jpg
で、消えちゃったラインは平面図を参考にケガキ針で復活……なんだけどこれがまた地味な作業なんだな~ひたすら根気って感じで……画像にあるのはハセのトライツールの皆様、さすが純正?だけあってだ円のパネルラインとかほぼ同寸法のモノが揃ってて大変重宝します。彫り終わったら全体を1000番でペーパーがけして下地は終了。文字で書くと簡単だけどえらい時間がかかってしまいました。

701.jpg
整形ついでにキャノピーのパーティングライン消しもやっちゃいます!壊れ物扱いなので手に持たずに機体にテープで固定して作業するのが安全(前回のF4Fでは華麗にまっ二つにしてしまった)ペーパーは細かい番手のもの、あとコンパウンドも使うんだけどもし手持ちならCD磨き用のものでも充分代用できます。

702.jpg
まずは手始めに1200番から。ペーパーは水に浸しながら使う。パーティングラインを削り落すのが目的なので範囲はなるべく狭く、フラットな面を作らないように軽い力で。

703.jpg
次は1500番、削った面と既存の曲面を馴染ませるのが目的です。範囲は先程よりやや広めになるけど自然な連続曲面になるよういろんな角度からみて整形します。

704.jpg
そして2000番、ここは細かい削り傷を取り除くのが目的、だからちょっとでもペーパーが当った面はよくこれでこすっておきます。範囲は更に大きくなって、正直サンディングでクリアな面まで曇らせてしまうのはちと不安かもしれないがこれで正常、細かい傷が取れて滑らかな面が形成できたらOK

705.jpg
最後にコンパウンドで磨きます、すると今までのくもりが嘘のようなくっきり視界が目の前に!いくら固定しているとはいえ力を入れすぎると割れる恐れがあるので優しく優しく。

708.jpg
整形が終わればいよいよ機体塗装に突入です!まずは機首のホワイト部から。境界線をマスキングするのだけどブラシ塗装よりはるかにマスキングテープにダメージのくる筆塗りではもうこれでもかッて位強烈に密着させます!なお機首部は作業の容易さと見栄えの良さを狙ってモールドやアンテナは削り落して整形しました。アンテナの位置はわかんなくなりそうなので小さな穴を開口しておくと吉。

709.jpg
色プラをものともしないEXホワイトの発色!ツルツルテカテカでフォーミュラカーのノーズ部みたいです。

710.jpg
マスキングをはがしたとこ、あら、ちょっとラインが乱れてますね。

711.jpg
少々のラインの乱れは次に塗るイエローでカバーする事になるのでマスキングはより慎重に隙間なく貼付けます。こういうラインのぶれはボロいマスキングテープを用いると起こりやすいので画像のタミヤ製のようなエッジを保護するケースに入ってるのが安心。

712.jpg
機体色はエアブラシ派にはあり得ない原液+リターダのみの高濃度カラーで一気に塗ってしまいます。混ぜまくったリターダのお陰で乾燥が超遅いので30分くらいならタッチアップしても馴染んじゃうのが嬉しい。どのくらい遅いかというと乾燥に約3時間ってところ。もちろん重ね塗りする場合には1日くらいはあけたい。3回塗りでよい感じの発色を得ました。

713.jpg
機首部も無事フォロー出来た模様、手間かかった翼取り付け部の整形が報われてホッとします。さあまたデカール地獄か!っとそのまえにインテークと脚庫のホワイトを塗らなきゃですね。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。