ハセガワ1/72 F-2Aアイマス機 #10(完成)

スケールだかキャラモノだかよくわからんキットだったけどようやく完成です!仕上げは難関のキャノピーから!

1001.jpg
といってもWW2の機体に比べたら超シンプルな風防枠です。そこで今回は気になるアイテム「マスキングゾル改」を使ってみる事にしました(意外に高くてびっくりした)思えばレベルの1/32雷電だったか、アレの風防を塗るのに初代マスキングゾル使ったな……当時のはライトブルーみたいな色だったけど、性急に事を運び過ぎるお子様の使いこなせるものではなかったようで、当然のごとく失敗……だから店頭でこれを見つけた時はもうリベンジしかないっしょッて感じで買って来てしまいました。蓋をあけて匂いを嗅ぐとおお~時が一気に戻って行く~って感じ。

1002.jpg
コツとしてはまず脱脂が重要かと。この液体は水溶性なので油分の上は弾いてしまいます。もし弾かなくても塗料を塗っているうちに浮いて来てしまうので中性洗剤でしっかり洗ってから、指の脂も厳禁です!可能な限り薄く均一に塗って、乾燥は1時間くらいはおいた方がいい感じ。窓枠のカットはまあ……息止めて集中するしかないですね。

1003.jpg
ちょこちょこ修正も要ったけど、思ったよりきれいな塗りわけが出来ました。使えるぞ、今のマスキングゾルはッ!

1004.jpg
1/72なのにやたら細いロッドの多いギヤ周り。ハセお得意のちょー細ほそパーツの応酬でニヤニヤ、そう、それでこそ精密プラモの雄だよ!おかげで無駄に実機っぽく組み上ってくれるのです(でもネタ機なんだからもうちょっと難易度下げてもいいんじゃないの?)ミサイルを装備して、細部塗装を済ませればこれにて完成!ヤタッ!

以下、嬉し恥ずかし完成ギャラリ(サムネをクリックすると800×600の画像が別枠で開きます)

1005.jpg

1006.jpg

1007.jpg

1008.jpg

1009.jpg

1010.jpg

やたらセンスの良いパッケージに一瞬ハセの親和路線を期待したけれど、いざ製作してみるとやっぱりある程度のスキルを問われるキット、まあ今までスケールなんか見向きもしなかった方が手に取られて、こういった苦行愉しみの世界に興味をもってもらえるようになるのならこれは良い選択なのかもしれないけど、第2弾からの1/48ってのはそういう方々にはちょっと金銭的なリスクが大きすぎるような……まあやよい機(ミラージュ2000)ならコンパクトだし作ってみたいかも<素直に好きって言えよ!以上、お手軽アイマス機製作レポでした~

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

ご覧頂きありがとうございます!
こんなにデカール貼ったのは恐らく初めてですね~いや-多かった!
しかし見事に既存のキットのデカール替え商品でしたね~
少なくない要注意箇所、この機会にちゃんと改修すれば良かったのに!
しかし手持ちの資産を有効に使えてしかも売上げが上がるのなら
ハセにとっても良い商材なのでしょう。
ただ、どう考えても1/48はやりすぎ!F-14とか組み上げられる人って何人いるんでしょう?

完成おめでとうございます!
相変わらず綺麗な仕上がりですねぇ~
さきさんの作品は清潔感があって本当にお手本のようだといつも思います。
今回は写真も大きくてとても見ごたえがありますね。

ゾル自分も使いますがほとんどフィギュアとかですね。
今のゾルはカットできますが自分はどうもうまく切れなくてw
なので大戦機の風防マスクなんかは2日ぐらいかかったりしますw
ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。