タミヤ1/12 フェラーリ312T#3

面白そうなマテリアル見つけるとついつい試してしまいますね。

でもほとんど上手くは使いこなせませんが(不


この時代のタミヤの説明書は2ページに渡る詳細な実車解説や各部の写真が多数掲載されていて、情報の少ない当時の少年にとっては夢のような資料集でした。その中でも私が大いに興味を持ったのがパーツリスト、何とひとつひとつのパーツの名称が全て書かれているのです。おかげで自分が今作っているコンポーネントがどんな役割を持っているのかを組みながら実感出来る……模型の楽しさここに極まるって感じで高揚したのを思い出します。最近のキットは大人向けなのか単に紙がもったいないのか?パーツリストすらついてないのが多いけど、「知る楽しみ」っていうのもスケールモデルの魅力だと思うのですけどねぇ。


さてモノコックですが、前回試したTS30>スーパークリアの缶スプ+コンパウンド磨きで仕上げました。あまりギラギラではないけど光の当たり具合によっては周囲が映り込んだりしてなかなかのお気に入りです。乾いてしまえば手でべたべた触っても全く問題ないですし、私的にはこれで充分です。


おもしろマテリアル1「ハセガワミラーフィニッシュ」まあいわゆるカッティングシートなのですが、凄いのはまるで金箔か?と思うくらいの薄さ、伸縮性もあるので三次曲面にもかなり追従してくれます。SUPER GTのレイブリック等に使うとかなりイイかも。1000円は高いな~と初めは思ったけど、この輝きは絶対塗装じゃ無理ですよね!アクセントにちびちび(セコ!使っていこうと思います。


お取り寄せ純正エッチングパーツを早速使用しました。エッチングといえば前作のキャメルで苦労しましたが、アレと比べると信じられないくらいの厚さ!少々の事では切れたり曲がったりはしない強度はさすが組みやすさのタミヤです!でもその分パーツの方を削らないと違和感出そうな程でわざわざエッチング使ってやろうというような変態猛者にはいまひとつ繊細さが足りなく思えるかもしれません。


おもしろマテリアル2「ステンレスワイヤー」アクセルワイヤーはこうだろ?っていう思いこみを形にしてみました(信憑性0%)でも312Tのエンジンってインジェクションだったんじゃないかな?うん、多分そう……わざわざワイヤで動作を伝えることなんかないのですかね?実際のところは。


真鍮パイプと洋白線で色々スイッチ製作しました。コレ始めるとホントキリないですね。ひとつ変えちゃうと他のプラスチックのままのパーツの存在が許せなくなってしまいます。おかげでちーとも先に進みません。


制御系の配管を引き回してみました。ブレーキのマスターシリンダが前後別系統で2基なのもさすがと思うけど、興味深いのは油圧クラッチだったこと。てっきりワイヤー式だと思っていたのですが、よく考えたらあれだけのパワーを断続するのですからディスクが磨耗して当然、その都度遊びを調節する事など出来ないですよね。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

いつもコメありがとうございます!
何せスケールが大きいので(完成すると約40サンチ!)あの伝統工芸のようなキャメル程神経質にならなくていいですよ>1/12。ただ素材感がカーモデルの世界ではキモみたいなのでイロイロ試行錯誤してます。

F-1のアルミモノコックはですね、リノのP-51レーサーばりにビカビカなんですよ(顔が映るくらい!)アレを再現するには実際アルミで作ってそれを磨き上げるしかないでしょう(無理~)

昨今のキットの件、本当にそう思います。今や完全に大人をターゲットにしてますよね、高価だし……モケイ界に限らずですが、ネットで情報はいくらでも手に入るし、CGやゲームなどで疑似体験はできるけど、実際手に触れて体感する機会の得にくい今のタマゴたちには気の毒な世の中だと思います。

すげぇ~細かいですね!
ちょっと涎が出ちゃいますよw
この辺りもっと大きな写真で見てみたいと思う僕は欲張りでしょうか?

ツヤの方は良いと思います!
テカテカにするのも一つの楽しみなのでしょうけど
スケール考えたらあまりピカピカなのもおかしい気がしますしね。

それにしても素晴らしい説明書ですね。
物作りの楽しみを教えてくれるまさに教科書のようですね。
最近のメーカーさんは売ることばかりで
育成していこうなんて気が感じられませんからね。
そんな刹那的な商売してたらどんどん先細りになってしまうのに…
ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。