タミヤ1/48 FW190D-9 #2

まあ、ジェット戦闘機を実用化出来たのには執念を感じますね。
yumo.jpg

張りボテjumoに色を塗ってみました。
d904.jpg
クレオスのメタルカラー/アイアンはくたびれた金属を表現するのに大変重宝します。拭き取れない奥や角にいかにもタールがこびり着いているように残るのでしょぼさ倍増!あ、こすり過ぎた……

d905.jpg
ビニールパイプや洋白線でそれっぽくパイピングして取り付け。メカメカしくなってきました♪

d907.jpg
超絶ディティ-ルとは無縁のタミヤ製フォッケのコクピット。さくさく組めて楽しいなぁ!それにしてもドイツ機の機内色ってグレーで何か地味ですね。いつものマスキングテープ製シートベルトとスロットルレバーを追加しました。

d908.jpg
主翼下面を固定。とりあえず何かごちゃごちゃ詰まってる~って感じにはなりました。ちょっとうれしい。

d909.jpg
部品の合いが神憑かり的なタミヤのキットだけにほとんどパテいらずで士の字になりました。それにしても翼に比べて胴体の長いこと!なんだか案山子みたいですね。しばらく乾燥させてから整形にかかろうと思います。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

さすが現行タミヤ製品だけあってストレスなく組めますね>D-9
フェラーリのボデーパネルで果てしない盛った削ったを繰り返してる身としてはカタルシスすら感じてしまいます……ってフェラーリもタミヤやん(30年前!)
脚庫はタミヤ1/48ってことでこの程度の信憑性でいいかと(適当 他にも言いたい事はたくさんあるのでキリないですしね!
塗装はJG4のRLM75/83で行くつもりですよ~

確かにドイツの技術や先進性はすごいと思います。燃料噴射とかコマンドゲレートとかよくぞ戦場で稼働できるところまで熟成させたものだと思います。ただ某中将が仰られてるように「戦争は数」ですからね~。
そこそこの性能のモノを大量にぶつけた方が勝ってしまうのを私はカルネージハートでいやってほど思い知らされましたし(懐
ただほんと、その無駄な?こだわりこそが魅力なのも確かです。アウディR15、国内メーカーから出してくれないかなあ!
(ちょっと違うか)

No title

士の字おめでとうございます!
塗装が超楽しみぃ~

おおっ~これは雰囲気がぐっと出ますね!
こういう手間が模型の楽しいところですよねぇ~

いつものお絵かきですがリクありがとうございます!
かわいいぃ~
フィギュアで欲しくなっちゃいますよw

それにしてもドイツ人ってやっぱり生真面目だからなのでしょうね。
専門時代の先生の知り合いで戦時中ドイツで
航空機の技術を学んでいた方の講義を受けたことありますが
やっぱり同じようなこと仰っていましたよ。
そういう気質が日本とドイツ似てますよねぇ~
ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。