続・春のめざめ作戦

先日スズキ機動部隊の中核?JA11Vプラウラー号が突然のエンジン不調、アイドリングが上下したりノッキングを起こしたり……なーんかオーバーヒートっぽい症状で急遽ストップして機関部ハッチ?を開けてみたらラジエターが冷たいのです。まさか水がナイ?とキャップを外して補水したらシュワシュワ蒸気がもうもうと……こりゃやべー!もっかい冷却水を満たしてエンジン始動するとやはり盛大な水漏れが……出所は……ウォーターポンプ!遂に宿命の日がやってきました。そろ~り走行して何とか帰宅、即パーツを発注しました。エンジン痛んでないかなぁ……


外気温8度ながら好天、しあわせ3点セットも届いてまたまた春のめざめ作戦発動です。うう、北風がさぶい……
DSCN1465.jpg
軽のくせに生意気にも縦置きエンジンのJA11Vはバラし方も昔風、外すのはラジエターシュラウドとファンくらい、パワステ無しなのでベルト外しもらくらくです。ちなみに2型なので「テスタ・ロッサ」なのだ。

DSCN1468.jpg
真ん中の突き出たのが問題のウォーターポンプ、バイクだとシール打ち替えとかでめんどくさいんだけどこれはそっくりアッセンブル交換になります。ポンプ自体がエンジンブロックの一部を構成しているわけですね。迅速な交換を可能にした設計、うむ、ミリタリーっぽいなぁ。

DSCN1469.jpg
ピカピカの新品と交換、何ともリッチな気分です。しかーしファン取り付け用のスタッドボルトは古いパーツから移植というのが貧乏くさくていかにもスズキだなぁ。それにしても車って手の届かないところにボルトがあったりして妙なところで苦労します。ラチェット必須ですね。

DSCN1470.jpg
タイミングベルトとテンショナも新品に替えました。前回から約60000キロ、生命線なので早めの交換が精神衛生上よろしいようで。あ、キタナイ手でさわっちゃった!

DSCN1471.jpg
お疲れさまのパーツ達、オーバーヒートした事でエンジンオイルにも相当なダメージが考えられるのでこちらも交換、ほとんど一日仕事になっちゃった!ドキドキエンジン始動……水漏れなーし!軽やかに回るエンジンにほっと一安心です。

近くをかるーく乗り回してみましたが目立った白煙やパワーダウンはないみたいで大丈夫そう、よかったね!プラウラー号!梅の咲き始めた急坂をターボきかせて駆け上がる時の伸びと滑らかな回り方といったら……あれ?……やっぱり……いや気のせいなんだろうけど、エンジンがうれしそうに歌っているような気がするんですよ。うーん幸せ、これがあるから機械弄りはやめられないですね。ええ、私はマシンの中には妖精さんがいると思ってますから(ん?どこかで聞いたような)

テーマ : スズキ ジムニー
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。