スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ1/48 il-2シュトルモビク#03

装甲少女隊、西へ!
westb.jpg
オリーブグリーンは明るくした方が「らしい」気がします。

塗装に関しては有名?なVVS research pageを参考にさせて頂きました(多謝)そちらの画像を拝借しまして色合いの検討を少々…目指すは和風なロシア娘のしゅとるん(ウクライナ出身)<誰だよ
il2m3.jpg
胴体のグレー部はオリーブグリーンだと勝手に曲解(雑 このスキームだとキャノピーは単色でいけるので楽です〜。ほどよく適度な異国情緒が出ればなぁ。

il15.jpg
表面処理はサフとかは使わずプラの表面をひたすら布切れで磨くやり方。筆塗り+缶スプレーではただでさえ塗膜が厚くなりがちなので…AMT-7、前回のLa-5は少し発色が鮮やかすぎる気もするので(いやそれはそれで実にソ連的な感じで好きなのですが)しゅとるんには日本的な解釈を盛り込んで…たっぷりリターダの和風AMT-7を極大平筆で一気にベタ塗り♪ウラー!

il16.jpg
洋白線と延ばしランナーでマスバランスを新造…ええ、華麗に何処かへ飛んでってしまいましたとも!<ちゃんと説明書に気をつけなさいって書いてあるのに!ついでに尾灯部も折損してたり…ブンドドしすぎ(だって格好イイんだもん)

il17.jpg
今回は練り消しでのボケ塗り分けをやってみます。色がドギツイのは100円ショップのだから…ピーチの香りにクラクラしやがりますぜ。

il18.jpg
タミヤ解釈では明るめのフラットアースにオリーブグリーンというスピットMk-1みたいな色指定、RAF好きのタミヤらしい仕上がりは親近感はあるけど何か「らしく」なくて…とりあえずAMT-1はAS-15「タン」でいってみます。本当はもっと彩度なくて赤っぽい感じなのだけど、ウチのしゅとるんは和ry…

il19.jpg
お〜ボケてるボケてる〜!何やらアフリカの星的な仕上がりに…こりゃ下手するとマッキみたいなイタリア娘になっちゃうかもしれません。俄然グレーとグリーンの色合いがソ連風味アップの鍵に…うをを〜悩むなぁ!でも、白黒写真見ながらのこういう妄想がWW2機製作の一番面白いところなのかもしれません。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。