Eduard 1/48 F6F-3ヘルキャット #9

初代ブルーエンジェルスはF6F-5でしたね〜すぐベアキャットに替わっちゃいましたが(さすがに旧いか?)
endwar.jpg

ドキドキのデカール貼りです~
ff41.jpg
キットには5種類ものマーキングが用意されているのですが、仕上げようと思っていたヨークタウンのVF-1/No.9はおそらく初期の機材なので有名な「High-Hat」マークのないものでして、ちょっと物足りないな~と。で、資料用に集めた画像を見てて見つけたマリアナ海戦時と思われる最後期型のNo.11(デカール製作が楽なので)を再現してみました。「High-Hat」は以前製作したF/A-18Eのデカールの余りを使いましたが、違和感ないですね〜。

ff42.jpg
でかい翼ゆえ単調になりそうな表面仕上げに、今回は専用ウエザリングマスターを入手しました。これをパネルごとにこすりつければ退色した風合いが手軽に得られる…はずだったのですが、保護にと半ツヤコートを吹いたらウエザリングマスター部が逆に鮮やかな色調になってしまいました〜orz。でもまあ、これはこれでアリかもしれません。予定とは反対だけどシーブルー部はパネル端面を退色させることしました。クリアが乾いたらダークグレーで軽くウォッシング、ガイアのエナメル溶剤は使いやすいですね。

ff43.jpg
ひと通り汚れ処理を施したら、こんどはつや消しクリアで保護保護〜研ぎ出しに備えて何度も重ね塗りします。つや消しで研ぎだしって一見無駄なように思えますが、地道に磨くと一見半ツヤ仕上げ、けど機番とかが表面に写り込む実機写真にあるような塗面をつくることが出来ます。排気汚れ部分などは磨かずにおけばいかにも煤けてる感じで残せますし、後で触って剥がれてガッカリな思いもしなくてすみますよ〜。

ff44.jpg
磨き上げ終了~張り出した機首下部と尖った背中がいい感じでウレシイ♪国籍マークの馴染み感がムフフです。排気汚れなのですが、翼上面に吐き出してるのは乾いたブラウン系、下面のは黒くて煤っぽいのですね。やっぱりキャブのエンジンなので下部シリンダの混合気が濃いのでしょうか?汚れの豪快さが溢れるパワーを物語ってるようでカコイイ!

ff45.jpg
ホワイト部は梨地を軽く均すくらいです。実は一回落として胴体の接合部がぱっくり割れてしまってorz…何とか補修しましたが、ドロップタンク接続部からの汚れが大量なのはそういう理由だったりします^^;でも解んなくなりましたよね!細部を補修すれば機体本体は完成です〜♪

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

orzばっかりです〜

ご訪問ありがとうございます!
イヤイヤ予想外の展開の連続で、格好ついてきたのが不思議なくらいですよ。
クレオスの缶クリア(ラッカー系)は、仰るとおりある程度塗膜に厚みがでるまで少しずつ砂吹きすればコート出来ます。ただデカールは良いものを使われた方が安心かも。自分の試した限りではカルトグラフ、スーパースケール系は問題ないです。ハセ、タミヤ、エデュの純正も大丈夫でした。意外と乾燥に時間がかかるのでまったりやってます〜

完成が見えて来ましたね!

そろそろ「完成」の二文字が見え始めたのではないでしょうか?(えっ?最初から見えてるって!w)
写真3枚目の艶消しクリアの缶スプレーはデカールの上に吹いても大丈夫なのでしょうか? 何かコツのようなものがあるのでしょうか? 例えば最初は俗に言う「砂吹き」で、徐々に重ねて行くといった感じで…。デカールが傷まないのなら私も使ってみたいと思っています。いちいちエアブラシを使用するのが面倒ですので…。
完成写真楽しみにしております。
ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。