護りたい人がいるから

dinah.jpg

「お手紙ありがと、久しぶりだね、正ちゃん」
あ、いや、届いてて良かった。
「飛行機に乗ってるなんて思わなかったよ、恐がりなのに、ちゃんと戦ってるんだ」
べ、別に…それに、僕は無線の方だから鉄砲は…
「そっか、ずっとモールスの勉強してたもんね。ちょっとホッとした、正ちゃんが人殺しじゃなくて」
ま…まあね…ゆりっぺは学校どうなの?
「最近は勤労奉仕や防災訓練ばっかり!さっきも竹ヤリの練習行ってたんだよ。ワラ人形に向けてエイヤァ!ってね」
へえ、こっちも大変なんだ…ああ、ずいぶん髪、伸びたね。
「クスッ、今はこれくらいしか出来ないから大事にしてるんだ。どう?可愛い?」
え?えっと…
「もーはっきりしないなァ!あ、ねえあれ、正ちゃんの乗ってる飛行機?すごーい!きれいな形してるね」
うん、元々は偵察機だったんだけど、B29をやっつけるために鉄砲積んだんだ。ほら、真ん中から棒みたいなのが飛び出してるの。
「あれが鉄砲なの?ずいぶん長いんだ〜わたしの竹ヤリみたい。でも、この子には似合わないかなぁ、ちょっと可哀想」
そう…だね、可愛い子が、戦わなきゃいけないなんて、悲しいよね。
「うん…って、正ちゃん、いま何てった?」



本土に来襲したB-29を迎え撃った飛行機の中で、自分はこの百式司偵3型乙+丙にとりわけ愛着を感じます。類いまれな美しいフォルムがもたらす高速度と上昇性能を買われ、武装化し防空戦闘機として任務に就いた百偵。しかし零戦と同じく要求性能を満たすため極限まで贅肉を削ぎ落とした設計の為、戦闘機のような急機動をしたらたちまち空中分解してしまうほどの強度しか与えられていませんでした。この特性のため運用も偵察隊の空中勤務者に委ねられ、射撃すら経験した事の無い彼らは、それでも気概に燃えて重爆の防御火線の只中へと飛び込んで行ったのでした。何とも哀れな飛行機ではありますが、その容姿には凛と薙刀を構えた細腕の女性にも似た美しさを感じてしまうのです。

テーマ : 自作イラスト
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。