バンダイ1/72 Sv-262HsドラケンIII #01

初代よりのマクロスモデラーとしてはこの手のアイテムが発売されたらもう気になって仕方ないのですが、今回のジークフリードは我慢しておりました。しかしまさか!あの超変態変形のドラケンIIIが発売になるとは!これは手がけない訳にはゆきません…って自分、このシリーズもう4機目ですね(懲りない奴だ)見せてもらおうか!ウィンダミアのVFのせry

dr03.jpg
さて、今回もお手軽部分塗装仕上げで作ります〜。塗る所としてはゴールドとシルバーのパーツ、湯流れのムラが気になるのでここは必須かな。あとはちょこちょこディティールアップくらい、紺のパーツは結構白化しますので補修用にヘル子の余りのネービーブルー、デカール貼り後はスーパークリア半光沢でコートする予定です。

dr01.jpg
うわ、わ、何ですかこの精度は!頭部製作のっけから仰け反る展開です。センターのゴールドパーツもだけど左右の耳、これは90°回転してカメラアイ部をカバーするのですが、全くスキマなくフィットしちゃうのです。可動部にはRC用のセラグリスをうす〜く塗布して摩耗を防ぎます。

dr02.jpg
いつも手が出そうになるABSパーツへの塗装ですが、今回はきっぱりやりません!脚ドアの裏とかのグレー塗装もやりません!テンションのかかる所に溶剤はNGと何度も思い知らされましたので〜。でもキース様はそこそこ目を見開いて塗りましたよ。コクピット、どうも自分が塗ると薄汚れた感じになってしまいますね〜

dr04.jpg
機首部を組むとこんな感じ、すっきりしたラインの中に可動部がぎっしり詰まってるのですよ〜。股関節は大径のBJになっていてバンダイ歴代可変VFの中で一番しっかりしています。

dr05.jpg
デカールはジークフリードよりは控えめ、でも結構な数です。まあアイマス機の★に比べればなんくるないさ〜!回転軸部のゴールドは剥がれそうなので塗装しました。乾燥後のトップコート、塗装面がラフなところが〜(貼り方が雑だorz)気になる所は後で研ぎだします。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。