VF-25F #3

世の中じゃスーパーパックやら専用アクションベースやらで大盛り上がり中?のバンダイVF-25F、可変とシルエットを両立していながらある程度の組み立てやすさを保っているのはアニメ本編同様秀逸の出来だと思います。だからこそ耐久性が損なわれない範囲での塗装をと意気込んでいるのだがそうなると途端にハードルが高くなるなぁ。

胴体の黒赤ラインは平滑性と薄さからデカール+半光沢トップコート厚塗りで押さえてるのですが、手で触れる分には問題ないけど変形中に少しでもエッジが当たると脆くもはがれてしまう。機首横のSMSエンブレムはストレーキ基部と、そのストレーキの黒赤ラインは脚取付部のインテークと接触してあっけなく死亡……があぁ!でもそんな事を見越してか、このキットには全く同じ図柄の物がデカールとマーキングシールと2種類入っていると言う豪華版、どうしても擦れてしまう箇所にはシールで対応できるのです。何てユーザーフレンドリーなんでしょう!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VF-25F #2

可動部分が凝集されてるのにこのスリムさ!SMS驚異のメカニズム
vfb02.jpg
今回マークセッターなるものを使ってみたけどこれがすこぶる良い物でかなりの凸凹面でも強力に接着してくれます。ただ強力すぎて位置決めをちんたらやってると乾いて来てビリ……おかげでエジェクションシートのコーションは文字足らずになってしまった。悔しいぞ。

やたらと本物っぽい造形!よけい自分の腕のしょぼさが目立ちます。
vfb01.jpg
いやもうこれで精一杯!これ以上塗れん!目が見えねー!HUDの投影部?はもっと緑っぽいほうが良かったかなぁ。防眩塗装部までパーツ分割で色分けとは恐れ入りました。

バトロイド形態のときはこんな感じで折れ曲がります。
vfb03.jpg
VF-1とは反対に折れ曲がるのね(うわ!ホコリついてる!)しかし上向いたまま操縦するのかアルト君は?レシピは機体色…ガンダムカラー白、黒部分…セミグロスブラック(以上クレオス)コクピット部…フラットブラック50+フラットホワイト50のグレー(機体スミ入れ部も)にメタリックグレー、フラットアルミ等のタミヤエナメル攻勢でそれっぽく。デカールを貼ってから水性トップコート半光沢で仕上げました。

……とかやってるうちに今年ももう終わりですね。いろいろ大変な世の中だけど、新しい年が皆様にとって幸多い一年でありますように……

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VF-25F #1

くそ寒い部屋で戦闘開始!
vf25a.jpg
ガンプラともスケールとも違う感触に戸惑い気味……パッと見てどこに使うのか理解できないパーツばっかで一度組んでみないと塗装部分と可動部分の判断が出来ません……しかし部品の嵌め合いの精度は驚異的なレベルだし、ある程度プラで色分けされてるから作業自体はスムーズ、単に自分の頭が追いついて行かないだけなのだ。ABSパーツは変形時にかかるストレスを危惧して塗装は最低限でおさえたいですが(Z2.0でフレーム全塗装してエラい目にあった)このキットの白ABSは磨くと結構つるつるになるので合わせ目消しをしても目立たなくなって良い感じです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

VF-25Fキタ!

25年ぶりのバルキリーのプラモ、速攻確保だぜ!キラッ☆
DSCN1164.jpg
いやあ当時は今井と有井と言うとても一流どころとは思えないメーカーからのリリースで、あの凛々しいスタイルを求めて鬼のようなヒケや勘合部の隙間うめに辟易したのを思い出します。そのうちタカトクトイスからあの伝説の完全変型トイが出て、みんなそっちへ流れていってしまったと……

DSCN1169.jpg
へへ、当時モノだよ!少ないこずかいで買った宝物なんだ!いやでもこれ、当時としては驚異的な出来ですよね!こうやって新旧対面させると何とも感慨深いです。このキットも去年のスコタコ並みに思い入れが強すぎて迂闊には手が出せなさそう……そう言えばタコ、えらく長い事放置してるなあ!とりあえずこっちを片付けてリハビリしたところでこの繊細な造型に挑戦しようと思います。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。