タミヤ1/48 F4F-4 #2

フォトショみたいに思うようにはなりませんね。
wsp.jpg
取りあえず適性検査と言う事でカウリングの塗装に取り組んでみたけど結局2回も総剥離をやらかしてしまいました。手は汚れまくりでヒリヒリするし、いちいちパネルラインとかのモールドが埋まってしまうのがとっても歯がゆい。その度ごとに溶剤を流し込んで楊子でかき出すんだけどカウリング後端とか結構うすうす攻撃してるので割れないかヒヤヒヤ、いっそ全面ライトグレイにしようかとか軟弱な思いがよぎります。

おおっ!上手くいった!
wldcow.jpg
3回目のトライで何とかモノに。完成シミュレーションも兼ねてスミ入れマーキング+トップコートで様子見……まだまだ境界をぼかしたかったけどもうこれを剥離する気力がない。でも写真とか見てるとかなりくっきりと塗り分けてるのもあるのでこんなもので良いかなと。F6Fとは違ういかにも弱そうな上面のブルーがらしく決まって嬉しい限りです。

まさか!こいつの主翼は左右一体構造だ!
wldkg.jpg
とにかくすぐ外形を見てみたいタイプなのでコクピットも何もおいといて組んじゃう!F4Fなんてほとんど機軸に主翼がついてる!ってくらい完璧な中翼なのにこのキットは左右一体で組み立てるようになってます。何と大胆な……だけど下面確認窓や胴体引き込み式の主脚をもつF4Fだとこういった分割のほうが断然組みやすい!上半角の決めやすさやといいさすがタミヤ謹製、はめ合わせも良好で一安心、あ~何とか形に出来そうです。よっしゃ、計器盤塗ろっと!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

タミヤ1/48 F4F-4 #1

まさに対照的な奴です。
f4f.jpg
ライバルと言えばやはりコイツでしょー。全く正反対のコンセプト、その為に低下した性能を耐久性と戦術で補って互角以上に渡り合った蒼き弾丸、名機ゼロ21の隣にこれほど似つかわしい機体はないと思うのです。

1/48でいうとタミヤ製が出てるのね。
wld1.jpg
ちと古い世傑はおいといて、何ともやる気のないボックスアートです。この絵とまでは言わないけど、昔のレベル社の細胞が沸騰するような箱絵にときめいていた俺としては完成写真なみにテンション下がりまくりなパッケージングは頂けません!空戦してこそファイターだろ!とか書くと戦争擁護派とか危険な兵器マニアとか言われんだろうな……まあそんな外側に対して、中身は実にタミヤスタンダードな良い雰囲気、え?ランナー2枚?ってくらい部品数を減らしてあって本当にそれっぽく仕上がるのか心配なくらいシンプルな構成です。表面の荒々しいリベット表現がいかにもアイアンワークスって感じでGJ!ハセが出すとこうはならんだろうな……

便利な世の中です~
fs36118.jpg
最近資料とかでは機体の色をFSナンバーで記述してあるのが多いんだけど、数字じゃ塗色の見当がどうもつかなくて、試しに検索してみたらこんなのに当たりました。まーモニターの色に左右されるだろうけど機体のイメージを膨らませる一助にはなるので重宝しますね。問題はこの塗り分けをどうやってやっつけるかだな~!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。