ズベズダ 1/48 ラボーチキンLa-5FN#3

さて皆様、大祖国戦争の天王山クルスク戦の季節です。

何でも虎一台分の材料でBf109が3機出来るとか……木製のLa-5なら10機くらいできそうですね♪

la07.jpg
胴体に円框と縦通材を組み付け、何だか木造船の構造みたいです。昇降舵動作ロッドまでパーツ化されてるのなんてちょっと他では見ないですね。

la08.jpg
MG151/20とほぼ同性能の20ミリShVAKを2門、命中率の高い機軸近くに装備しているla-5の打撃力はかなりのものかと……単座機なんか木っ端微塵にされそうです。先端を開口するのが難しかったので砲身ごと真鍮パイプに置き換えました。

la09.jpg
なんとか狭いカウル内にセット、でもこれにあと単排気管がつくんだっけ?……もう詰め込み過ぎ~いよいよ閉まらなくなったときは潔くカバー接着しちゃいましょう(折角のディティール残念だけど)

la10.jpg
無事士の字になりました。テーパーの強い主翼がいかにもソ連機!プロポーションもダサかっこいい機体の魅力をよく表現していると思います。これは良いなぁ♪

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ズベズダ 1/48 ラボーチキンLa-5FN#2

ライバルや仲間とのぶつかり合いの中で成長し強くなってゆく……まさに少年マンガの王道を地で行ってますね~


ささっとコクピット作ろうと思ったけど……何だかのっけから大掛かりです。

主翼のような大きなパーツは結構成形時の歪みとか出やすくて、東欧圏のキットってどうよ?って感じだったけど意に反して?なかなか上々なシャープさです。ここにはコクピットのフロアだけが鎮座、残りはというと……


機体構造フレームから組み立ててセットするという凝った構成になってます。1/48でこんなキット見た事ないですよ。おかげでコクピットだけでどれだけ時間かかってんだか……でもすごくワクワクしますね♪ちなみにソ連機の機内色はよくわからないので推定です。


エンジンつけて仮組み、キ44のハ41と同じ直径だけに頭でっかちです。ただ出力は離昇で1825hpもあったから総重量3.3トンのla-5FNには充分すぎるくらい、FW190Aが手を焼いたのも頷けます。プラモだけど実機を作っているっていう錯覚さえ感じるこのキット、いやーさすがロシア、本気になると凄いです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ズベズダ 1/48 ラボーチキンLa-5FN#1

1850馬力?燃料噴射?なのに機体は木製とか進んでるのか保守的なのかよくわからないですが……でも1943年以降、東部戦線の空を支配したのはコイツとヤクの赤い星戦闘機隊なのですね。


ん十年か前、たしかハセ……レベルだったかな……1/32BF109のパッケ絵に描いてあったなぞの空冷ソ連機、脇役ながらその四式戦にも似た力強いフォルムに不思議に心惹かれたのを思い出します。それがラボーチキン戦闘機だって知ったのは結構最近の話、それでも型番くらいしかわからなくて……そのプラモがあの自国のロシア……旧ソ連ですよ!そんな国から発売されてるなんて!

箱や説明書に飛び交うキリル文字、いや~ほんとに旧ソ連製なんだな~。シュリンクパックされてるキットってギャンブルな所があるけど、意外にもパーツ精度は高そうで一安心、何ケ所が湯流れ不良な所もあったけど小さな部分なので修正は容易そうです。そして良いタイミングで出版された世傑!最近の資料の充実さにソ連機大好きの私としてはまさに春が訪れた感じです(フランカーD、早速予約しちゃいました♪……ついでにやよいちゃんも<バカ)


さて、一通り中身をチェックしてみましたがやたらと凝ってます。1/48でここまでやるか?っていう機内の再現度、感じとしてはタミヤの零戦かそれ以上のこだわりを感じますね。さすが自国の救世主ってところでしょうか「ウチのラボたんは最高や!みんな作ってみてや~」ってメッセージがひしひし伝わって来ます。チラリズム大好きモデラーとしては余計な工作をせずに済みそうでマル!


この吸気管、一本一本ランナーから切り出して取り付けてゆくのですよ。プッシュロッドも別体パーツだし、これにまだ推力式排気管が付くと思うと(機体にエンジンセットした後で位置決めしようと思います)よくもまあ1/48でここまで追求したもんだと。何とか完成後もエンジン見られるように工作しないといけませんね!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ご訪問感謝♪
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブクマです
プロフィール

さき淳也

Author:さき淳也
日々なにか弄ってます。女の子と飛行機推しです。